フォルム・木村浩一建築研究所による”集積する家”

( )

Photo at random

フォルム・木村浩一建築研究所による”集積する家”

architecture, feature

M03_YCKH_101_DN12969.jpg

M19_YCKH_122_DN13113.jpg
photo(C)Takumi Ota

フォルム・木村浩一建築研究所が設計した住宅"集積する家"です。


M01_YCKH_104_DN12880.jpg
M02_YCKH_102_DN12998.jpg
M04_YCKH_108_DN12670.jpg
M05_YCKH_109_DN12643.jpg
M06_YCKH_110_DN12776.jpg
M07_YCKH_111_DN12790.jpg
M08_YCKH_112_DN12823.jpg
M09_YCKH_113_DN12833.jpg
M10_YCKH_114_DN12841.jpg
M11_YCKH_115_DN12848.jpg
M12_YCKH_116_DN12853.jpg
M13_YCKH_118_DN13030.jpg
M14_YCKH_128_DN12928.jpg
M15_YCKH_121_DN13021.jpg
M16_YCKH_119_DN12087.jpg
M17_YCKH_124_DN13090.jpg
M18_YCKH_125_DN13056.jpg
M20_YCKH_126_DN13159.jpg
M21_YCKH_129_DN12961.jpg
M22_YCKH_130_DN13002.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
「集積する家」
若い夫婦と子供のための住宅である。
クライアントは、昔ながらの日本の民家への憧れを持っており、また、敷地周囲に広がる豊かな田園風景を、新しい住宅に活かすことを望んでいた。
そこで、建物1階中央に半外部としても機能する広い玄関スペースを計画した。
古い民家にみられる土間と座の関係を想起させるこのスペースは、夫婦の寝室、子供室、水周り、二階への階段と接続しており、住宅内部の導線の核となると同時に、クライアントの多様な使い方を許容するものとなっている。
2階にはリビングルーム、ダイニングルーム、キッチンが設けられている。
2階へと向かう人の視線は、色彩と光に誘導され、開口部の外に広がる牧歌的な田園風景へと向けられるように考えられている。
小さな家ではあるが、田園風景と調和するミニマルなヴォリュームの中に、様々な素材や色彩を用いることによって生まれた多様で豊かな空間が集積されているのである。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact