フォルム・木村浩一建築研究所による”響き合う家”

( )

Photo at random

フォルム・木村浩一建築研究所による”響き合う家”

architecture, feature

01_KSIH_135_DN11651_web.jpg

02_KSIH_133_DN11634_web.jpg
photo(C)Takumi Ota

フォルム・木村浩一建築研究所が設計した"響き合う家"です。


03_KSIH_132B_DN11897_web.jpg
04_KSIH_102_DN11462_web.jpg
05_KSIH_114_DN11691_web.jpg
06_KSIH_110A_DN11725_web.jpg
07_KSIH_111B_DN11543_web.jpg
08_KSIH_113_DN11769_web.jpg
09_KSIH_108_DN11514_web.jpg
10_KSIH_131_DN11609_web.jpg
11_KSIH_116_DN11446_web.jpg
12_KSIH_121_DN11791_web.jpg
13_KSIH_109_DN11715_web.jpg
14_KSIH_115_DN11701_web.jpg
15_KSIH_120_DN11832_web.jpg
16_KSIH_118_DN11847_web.jpg
17_KSIH_122_DN11800_web.jpg
18_KSIH_125_DN11856_web.jpg
19_KSIH_128_DN11619_web.jpg
20_KSIH_129_DN11580_web.jpg
21_KSIH_124_DN11808_web.jpg
22_KSIH_127_DN11886_web.jpg
23_KSIH_123_DN11744_web.jpg
24_KSIH_119_DN11821_web.jpg
25_KSIH_137_DN11934_web.jpg
kimura-sama-aichi001.gif
kimura-sama-aichi002.gif
以下、建築家によるテキストです。
************
夫婦と子供、そして猫のための小さな住宅である。
クライアントは、かつてこの土地に建っていた住宅に長年暮らしていた。その住宅が老朽化したため、新たに住宅が建てられることになった。
そこで、「慣れ親しんだ環境の中で、新鮮な感覚を得られる住宅」の提案を試みた。
外観は、複数のヴォリュームを組み合わせ、色を配置することで成り立っている。ヴォリューム間の色を、コントロールすることで、ファサードそのものに奥行きを与えると同時に、エントランスまでのシークエンスを効果的に演出している。
内部空間では、階段と吹き抜けをコアとして建物中央に配置し、それを各スペースと中庭が取り囲む構成とした。そして、各スペースに呼応する素材・色・光を選択し空間の意図をより強く表現させた。
その結果、空間が立体的に立ち上ると同時に、水平方向にも回遊性が生まれ、様々な素材の質感・色・光が相まって、多様な感覚を生み出すことに成功した。
空間と生活が、移り行く光と影によって、響き合い、豊かさを増していくのである。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact