木下昌大建築設計事務所による”トウキョウバルコニー”

( )

Photo at random

木下昌大建築設計事務所による”トウキョウバルコニー”

architecture, feature

tkbl_03.jpg
北側外観
photo(C)阿野太一

木下昌大建築設計事務所が設計した東京都世田谷区の住宅"トウキョウバルコニー"です。


tkbl_01.jpg
北側外観見上
tkbl_02.jpg
大通りからみた東側外観
tkbl_04.jpg
北側バルコニー外観
tkbl_05.jpg
玄関から階段を見上げる
tkbl_06.jpg
階段から玄関吹抜を見る
tkbl_07.jpg
1階個室から階段を見る
tkbl_08.jpg
1階個室・ウォークインクローゼット
tkbl_09.jpg
2階階段からバルコニーを見る
tkbl_10.jpg
2階バルコニー
tkbl_11.jpg
3階リビングからバルコニーを見る
tkbl_12.jpg
3階バルコニー
tkbl_013.jpg
3階ダイニングからキッチンを見る
tkbl_14.jpg
3階リビング・ダイニング
tkbl_15.jpg
3階リビング・ダイニング、夕景
tkbl_16.jpg
北側外観、夕景
kino-concept.gif
kino-siteplan.gif
kino-plan.gif
kino-section.gif
以下、建築家によるテキストです。
**********
2つの地形から建築を組立てる
建物密度の高い東京では、文字通り地面の起伏による「地形」のほかに、都市計画法によって色分けされた「地形」が、建築に多大な影響を与える。今回の計画は、その2つの地形の特徴が重なった敷地を見つけたところから始まった。
その敷地は三軒茶屋の賑やかな商店街を抜けた先にある。敷地の南部分は近隣商業地域に、北部分が第一種中高層住居専用地域にかかり、その北側には住居系の用途地域が広がる。2つの用途地域では建築可能な建物高さが異なるが、その境界に建つという利点を最大限に活かすのが今回の命題であった。そこで、最上階の北面に大きなバルコニーを設け、抜群の眺望を確保することに。土地自体も北側に向かって低くなっていることも味方し、新宿副都心のビル群を臨む三軒茶屋の戸建住宅が誕生した。建物全体としては、最上階に用意したバルコニーを各フロアに展開していくことで、内部空間を拡張していくという手順をとった。半ば露出とも言える全面開口ではなく、バルコニーによって内部空間を自然に外部と接続することをめざした。
■建築概要
所在地 :東京都世田谷区
用途 :専用住宅
構造 :木造・一部RC 造
規模 :地下1 階・地上3 階
敷地面積 :49.65 ㎡(15.1 坪)
建築面積 :31.12 ㎡(9.4 坪)
延床面積 :103.88 ㎡(31.5 坪)
竣工 :2010.05
設計担当者:木下昌大、髙木充
監理担当者:木下昌大、髙木充
構造:森部康司研究室
施工:栄伸建設
写真:阿野太一


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact