大野力 / sinatoによる”+green”

( )

Photo at random

大野力 / sinatoによる”+green”

architecture, feature

green14.jpg
photo(C)矢野紀行

大野力 / sinatoが設計した東京のオーガニックレストラン"+green"です。


green01.jpg
green02.jpg
green03.jpg
green04.jpg
green05.jpg
green06.jpg
green07.jpg
green08.jpg
green09.jpg
green10.jpg
green11.jpg
green12.jpg
green13.jpg
green15.jpg
green16.jpg
green17.jpg
green18.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
+green
東京の駒沢公園近く、自由通りに面するオーガニックレストラン。
アプローチレベルにテイクアウトとその少し上に物販コーナー、階段を下りた半地下部分にレストランを配置し、それらが吹抜けを介して混ざり合うよう市松状の平面構成とした。またそれによってファサード開口部からの外光をレストランまで届けると共に、その存在が外部からも感じられるよう配慮した。
来店者は上記のアプローチレベルと半地下レベル、それぞれの高さで店舗を体験する。そこで店舗の上部と下部で壁の仕上げ、形を全く変えて、上下の店内風景に差異を与えることを考えた。
上部では白い曲面壁が躯体壁や設備機器、配管を隠しながら、その開口部が店内のグラフィックや植栽をピクチャレスクに切り取るフレームとして機能し、また中央の階段を含む吹抜け空間を大きく包み込む。下部では特注色で焼いたレンガの壁が直線直角で曲行しながらその内側に3つのホールスペースをつくり、外側には躯体壁との間に個室、厨房、バックルームといった場所をつくりだす。
またそれら2つの壁はそのまま単純に積み重ねられ、上下の異なるプランを同時に表示しつつ、そのズレを露呈する。来店者はそれぞれの高さでその空間性を感じながら、目下に見えるレンガ壁のラインや、頭上に見える白壁のラインによって、常にもう一方の空間性を感じるのである。
これは、単一の空間に大きな差異を無関係に同居させることでその体験や意味を多重化させる試みであり、その状況が場所の豊かさや自由な雰囲気を生み出すことに期待するものである。また店内のどこに居ても目に入る植栽の存在が、その差異を繋ぎ止め、さらにこの場所への愛着を助長してくれることに期待している。
(大野力 / sinato)
■建築概要
所在地:〒154-0012 東京都世田谷区駒沢1-2-31-1F
用途:飲食店
面積:111.53m2
竣工:2011/3
設計:大野力 鎌田健 / sinato
写真撮影:矢野紀行


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact