猪熊純によるレポート「地域と関わるワークショップCITY SWITCHの活動報告」

( )

Photo at random

猪熊純によるレポート「地域と関わるワークショップCITY SWITCHの活動報告」

architecture, feature

AR0017380.jpg

地域と関わるワークショップCITY SWITCHの活動報告

City Switchは、東大の大野秀敏教授の指導のもと、大連工科大学の山代悟、シドニー工科大学のジョアン・ジャコビッチを中心として行われている国際ワークショップ企画です。2007年の活動開始以降、2010年までに出雲・ニューカッスルなどを舞台に3度のワークショップ行っています。2011年には、規模の小さなワークショップを複数の場所で複数階行う形で、より地域に根差した活動を展開しています。


AR0017396.jpg
今回の成果は、2011年5月26~30日に、出雲市の木綿街道にて行った活動によるものです。持ち主がいなくなった酒造をコンサートホールとして利用するため、その設えとして舞台の背景を学生ワークショップでデザイン・製作しました。
AR0017393.jpg
デザインに関しては、現地入りする前に東京にて週一ペースでミーティングを行い、学生たちで案を出し合いました。製作期間そのものはとても短いため、縫製がなく、布のたらし方のみで美しい背景となるアイディアを模索しました。
DSC_0594.jpg
最終案は、少しずつ幅のことなる布を放射状に重ねながら配置し、垂らすものになりました。放射状の配置によって、部屋全体の視線を集めると共に、見る角度によって雰囲気の変わるグラデーションが楽しめるデザインです。
AR0017430.jpg
この設えは、5月28,29日に行われた「おちらと木綿街道」というイベントにて、さっそく利用して頂きました。クラシックのサックスソロ、フォークバンドなどの演奏に加え、副知事・市長をお迎えしての平成22年度地域づくり総務大臣表彰の報告会も行われました。
AR0017363.jpg
今年は、このワークショップは複数回行う予定で、第2回は8月5日~8日の予定です。興味のある学生は是非、成瀬猪熊事務所までご連絡ください。
■City Switch momen 2011
主催 出雲建築フォーラム
企画協力 City Switch出雲実行委員会
(幹事 山代悟/ビルディングランドスケープ、大連理工大学)
協力 木綿街道振興会
講師 猪熊純(首都大学東京)
デザイン・施工
山崎健太郎、宇野達也、北谷啓、佐藤慎平、高橋亮介、小野詫摩、湯浅友絵、中東壮史、小谷至己、森山晴香、右近美成子、山崎基弘


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact