中名太郎 / +0 atelierによる「止静と家」

( )

Photo at random

中名太郎 / +0 atelierによる「止静と家」

architecture, feature

sijo10.jpg

sijo11.jpg
photo(C)平井美行写真事務所

中名太郎 / +0 atelierが設計した香川県高松市の住宅「止静と家」です。


sijo01.jpg
sijo02.jpg
sijo03.jpg
sijo04.jpg
sijo05.jpg
sijo06.jpg
sijo07.jpg
sijo08.jpg
sijo09.jpg
sijo12.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
「止静と家」
皆で同じものを見ているのに感じ方が各々バラバラ。
けれどなぜか安心する。
そんな空間をつくろうと考えました。
依頼主の要望は多岐にわたりましたが、そのリクエストから考え始めることはなく、一旦できあがった空間にそれらを取り込み調整しました。
うまく答えを出せるように苦労しましたが、大変気に入っていただいています。
敷地周辺は田畑が残り、家が点在して、のんびりとしています。
隣接する既存のお堂と蔵がさらにのんびりとした空気をつくり、本当にのどかで気持ちがいい。
でも、そこから導き出したものはありません。
平面や断面に現れる先細りした空間は、ここに訪れた人へ機能や用途がないことを直感的に示し、その存在意味について考えることを迫ります。
空間に無意識に受け入れられるのではなく、一度向き合い、対峙する瞬間を与えたい。
気持ちを静め、空間と対峙するその行為が坐禅のはじまりを連想させ、「止静」(しじょう)という禅語を後になって思い出しました。
さて、空間と対峙した人はどうするのでしょうか。
クライアントからお話を聞くと、先端が暗くなった茶室の床の間を前に、人によっては行き止まりを、また人によっては広がりを感じるという方もおられるとか。
この感じ方の違い(ズレ)こそが、自分を自分たらしめている(?!)ものなのでは?と考えています。
これが大事。
「四角い白い空間」をつくっても、みんな感じ方はそれぞれなのではとも考えましたが、けれど、それで得られたズレはあまりにかけ離れ、単に人を孤立させてしまうだけなのではないでしょうか。
今回の建物としては、それでは意味がない。
ズレを生み出し、かつ、つなぎとめる空間性。
家という機能の前に与えたかったものです。
■建築概要
計画名称:「止静と家」
所在地:香川県高松市
設計:+0 atelier
主要用途:住居
構造規模:鉄筋コンクリート壁式構造2階建て
延床面積:126.68㎡
施工:谷口建設興業


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact