radlab.での大室佑介展「迷宮の匣」の会場写真

( )

Photo at random

radlab.での大室佑介展「迷宮の匣」の会場写真

architecture, feature

omuroyusuke-sama-005.jpg

omuroyusuke-sama-006.jpg

京都のradlab.で行われている大室佑介の展覧会「迷宮の匣」の会場写真です。展覧会期は2011年10月2日までです。


omuroyusuke-sama-001.jpg
omuroyusuke-sama-002.jpg
omuroyusuke-sama-003.jpg
omuroyusuke-sama-004.jpg
以下、この展覧会に関するテキストと展覧会の概要です。
**********
主催者からのごあいさつ
今回で七回目を数える「rep- radlab. exhibition project」は、建築家大室佑介による「迷宮の匣」を紹介いたします。
今回彼は、19世紀から20世紀への転換期を生きたオーストリアの建築家アドルフ・ロースによる言葉「芸術に加わるのは、ごく一部分の建築でしかない。それは墓碑と記念碑だ。目的に従事するその他の建築はすべて、芸術の王国から締め出されなければならない。」を起点とし、また乗り越えようとしながら、「建築なるもの」と「芸術」との関係性を問い直そうと試みます。
しかし、ここで問われていることは、建築物はいかにして芸術作品たりうるか、ということにのみとどまるものではありません。建築は生きている人たちだけのためのものか? 建築は「豊かな生活」をのみ目指すべきものなのか? 建築は、一体誰によってどのように想起されるものなのか?
大室佑介の問題意識は、こうしたことを問いなおすきっかけともなり得ると考えています。
■展覧会概要
大室佑介展「迷宮の匣」
会期:2011年09月09日(金) - 10月02日(日)
時間:金曜日 - 日曜日 13:00 - 20:00
主催:rep-radlab. exhibition project
会場:radlab.(京都市中京区恵比須町531-13-3F)
アクセス:京都市バス停「河原町三条」徒歩5分、京阪電鉄「三条」駅徒歩10分
URL:http://exhibition.radlab.info


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact