フォルム・木村浩一建築研究所による「表象の家」

( )

Photo at random

フォルム・木村浩一建築研究所による「表象の家」

architecture, feature

hyosyo01.jpg
photo(C)Takumi Ota

フォルム・木村浩一建築研究所が設計した京都の住宅「表象の家」です。


hyosyo02.jpg
hyosyo03.jpg
hyosyo04.jpg
hyosyo05.jpg
hyosyo06.jpg
hyosyo07.jpg
hyosyo08.jpg
hyosyo09.jpg
hyosyo10.jpg
hyosyo11.jpg
hyosyo12.jpg
hyosyo13.jpg
hyosyo14.jpg
hyosyo15.jpg
hyosyo16.jpg
hyosyo17.jpg
hyosyo2F-PLAN.gif
hyosyo1F-PLAN.gif
以下、建築家によるテキストです。
**********
田園風景が広がる恵まれた環境地に計画された住宅である。
クライアントからの要望は、親密でありながらも広いリビングのある空間を創りだすことであった。
外観は、田園風景に新たな風景を生み出すべくモニュメンタルな形態としている。
内部空間では、レベル差のある広いリビングを中心に通路を巡らせ各部屋へと繫げる求心的なプランを計画した。この通路の周りには、質感や形状の違ういくつもの壁が取り囲んで豊かなシ―クエンスを内部空間に創り出す。
視線は外部に抜けることなく常に内部へと向けられ.自然光は間接光として壁面や空間を柔らかく際立たせることになる。
こうした『光』と『視線』の制御という基本操作によって内部空間をより親密で奥行きのあるものにしている。
アクロバッテックな空間構成といった大きな操作を用いることなく光と視線の制御という小さな操作を緻密かつ詩的に行うことで非日常を表象した空間を生み出しているのである。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact