武藤圭太郎 / 武藤圭太郎建築設計事務所による岐阜の住宅「GINAN」

( )

Photo at random

武藤圭太郎 / 武藤圭太郎建築設計事務所による岐阜の住宅「GINAN」

architecture, feature

muto-sama-01.jpg
photo(C)APERTOZERO

武藤圭太郎 / 武藤圭太郎建築設計事務所が設計した岐阜の住宅「GINAN」です。


muto-sama-02.jpg
muto-sama-03.jpg
muto-sama-04.jpg
muto-sama-05.jpg
muto-sama-06.jpg
muto-sama-07.jpg
muto-sama-08.jpg
muto-sama-10.jpg
muto-sama-11.jpg
muto-sama-12.jpg
muto-sama-13.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
『GINAN』は建物を含めた敷地全体が「庭」の様になっている。
実家の日本庭園から大きな庭石を今回の敷地に移設したいという要望からこの計画は始まった。
敷地は間口11m、奥行き42mと細長い敷地であり、道路側の半分は将来の事を考慮して「庭」として余白を残す事が望まれた。
余白を生かすため、敷地全体を「庭」として捉え、コストを考慮し全面に砂利を敷き詰め、庭石を配置していった。
建物もまた、敷地の「庭」の一部の様に立ち上がっている。
壁は斜に倒れ、庭に敷き詰められた砂利を混ぜた仕上げとする事で、地面が立ち上がっている様な、「庭」と連続した風景をつくりだした。
斜めに倒れた建築のボリュームの内部には寝室などプライベートな機能が配置されている。
ボリュームのスキマは家族が集まる場所としてオープンな場所となり、開口を通して様々な場所とのコミュニケーションが可能となっている。
斜めの壁を持ったボリュームの配置によってオープンなスペースの西日を遮るとともに、外部からの適度なプライバシーを確保されている。
「建築」と「庭」の二項対立的な関係でなく、「建物」と「庭」が一体となり、「内部」と「外部」が交錯するような連続した広がりが生まれている。
「庭」や「風景」の「あいま」が住まいになる様な、開放的でダイナミックな住宅が実現した。
GINAN
設計・監理:武藤圭太郎建築設計事務所
構造設計 :藤尾建築構造設計事務所
場所   :岐阜県
完成   :2012年
敷地面積 :461m2
建築面積 :90 m2
延床面積 :148 m2
構造   :木造2階建て


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact