木村浩一 / フォルム・木村浩一建築研究所による名古屋の住宅「しとやかな家」

( )

Photo at random

木村浩一 / フォルム・木村浩一建築研究所による名古屋の住宅「しとやかな家」

architecture, feature

shitoyaka-020.jpg

shitoyaka-005.jpg
photo(C)Kei Nakajima

木村浩一 / フォルム・木村浩一建築研究所が設計した愛知・名古屋の住宅「しとやかな家」です。


shitoyaka-01.jpg
shitoyaka-02.jpg
shitoyaka-03.jpg
shitoyaka-04.jpg
shitoyaka-05.jpg
shitoyaka-06.jpg
shitoyaka-07.jpg
shitoyaka-08.jpg
shitoyaka-09.jpg
shitoyaka-10.jpg
shitoyaka-11.jpg
shitoyaka-12.jpg
shitoyaka-13.jpg
shitoyaka-14.jpg
shitoyaka-15.jpg
shitoyaka-16.jpg
shitoyaka-17.jpg
shitoyaka-18.jpg
shitoyaka-19.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
この計画は、50代夫婦のための小さな住宅である。
クライアントからの要望は、敷地が住宅密集地にあることから外部に開かず内部に広がりを感じさせる住宅であった。
平面構成は、リビングを中心に各スペ̶スを繋いだシンプルなものである。
この小さなひと繋がりの空間に各スペースのヴォリュームを検討しデザインすることで視覚的な広がりをつくり出すことを考えた。
リビングは、高さのある切妻天井とトップライトからの光によって内部空間を印象づけるスペースとなっている。
リビングと並列する細長いスペ̶スは、クライアントの趣味が反映されるように計画されており、スペース内に配置された柱は、柱間で用途を仕切る視覚的効果を狙ったものである。
また配置された柱・造作物は、対面する造作ソファーと共に空間構成の一部となって空間にリズムを生み出している。
リビングと繋がるダイニング・アトリエも素材の魅力を引き出すデザインによってスペースを特徴づけている。
小さな空間に様々な要素を混在させることで広がりのある空間をつくり出せたのではないかと思う。
■建築概要
所在地:愛知県名古屋市
設計:木村浩一/フォルム・木村浩一建築研究所
竣工年:2013 年
構造:木造軸組
敷地面積 142,22 ㎡
延床面積 80,60 ㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact