エマニュエル・ムホーによる「巣鴨信用金庫/江古田支店」

( )

Photo at random

エマニュエル・ムホーによる「巣鴨信用金庫/江古田支店」

architecture, feature

SugamoEkoda_08.jpg

エマニュエル・ムホーが設計した「巣鴨信用金庫/江古田支店」です。


SugamoEkoda_01.jpg
SugamoEkoda_02.jpg
SugamoEkoda_03.jpg
SugamoEkoda_05.jpg
SugamoEkoda_06.jpg
SugamoEkoda_09.jpg
SugamoEkoda_12.jpg
SugamoEkoda_15.jpg
SugamoEkoda_18.jpg
SugamoEkoda_20.jpg
SugamoEkoda_21.jpg
SugamoEkoda_26.jpg
SugamoEkoda_27.jpg
SugamoEkoda_29.jpg
SugamoEkoda_31.jpg
SugamoEkoda_34.jpg
SugamoEkoda_35.jpg
SugamoEkoda_36.jpg
SugamoEkoda_39.jpg
以下、建築家によるテキストです。
***********
巣鴨信用金庫/江古田支店
【rainbow shower】
巣鴨信用金庫は「喜ばれることを喜びに」をモットーに「ホスピタリティバンク」目指している。
手掛けるのは今回4店舗目で、建築設計全てを手掛けたのは3店舗目だ。一貫して求められているのは「1秒でも長く居たくなる信用金庫」。
敷地は多くの店舗が並ぶ商店街で、交通量の多い通りと幅員の狭い歩道に面している。街との距離感がとても近い店舗だったため、その雰囲気をカラフルな色と一緒に店舗内に混ざり合うように取り込もうと考えた。
建物は敷地境界から2m程セットバックしデッキスペースを設け、そこへ高さ9mのカラフルなスティックを虹のシャワーのように見立て街に余裕と色彩を還元した。
エントランスを入るとそこは店舗内に連続する中庭の一部だと分かる、これも外と内が混ざり合うような仕掛だ。店舗内で中庭を横切るとそこは光溢れ、まるでカフェのような吹き抜けのフリースペースとなる。見上げるとカラフルなスティックと中庭に植わる青竹が呼応するように伸びている。
外部のデッキスペース、内部のフリースペース、外部の中庭、内部の窓口が四層を構成し、この幾重にも重なったレイヤーがガラスに反射し複雑な影と共にさらに混ざり合い奥行き感を出している。
【3店舗目を手掛けた意義】
建築設計を手掛けた最初の常盤台支店や、2店舗目の志村支店を単独で見ると斬新な建築ということで片付けられそうですが、3店舗目も完成したことで「自然を感じられる」・「色を街に還元する」という共通のコンセプトがシリーズとして確立してくる。また斬新さだけではなく信用金庫として経営的にも成功していることの証といえます。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact