ルーヴィスと施主の共同設計による「減築した家」

( )

Photo at random

ルーヴィスと施主の共同設計による「減築した家」

architecture, feature

genchiku24.jpg

ルーヴィスと施主の共同設計によるの神奈川県鎌倉市の「減築した家」です。

以下、施工プロセスの写真です。


genchiku01.jpg
genchiku02.jpg
genchiku04.jpg
genchiku05.jpg
genchiku06.jpg
genchiku07.jpg
genchiku08.jpg
genchiku09.jpg
genchiku09.5.jpg
genchiku11.jpg
genchiku12.jpg
genchiku13.jpg
genchiku14.jpg
genchiku15.jpg
genchiku16.jpg
genchiku17.jpg
genchiku18.jpg
genchiku19.jpg
genchiku20.jpg
genchiku21.jpg
genchiku22.jpg
genchiku23.jpg
genchiku24-1.jpg
genchiku25.jpg
genchiku26.jpg
以下、建築家によるテキストです。
***********
減築した家
〜「減らす」ことで訪れる変化〜

このプロジェクトは、築43年(昭和45年築)の古い木造住宅を施主と共に設計しリノベーションしたプロジェクトである。
施主は3人家族で、引越してきたのは4年前。奥の住まい部分は当時改装したが玄関部分は手つかずのままだった。以前の住人は小説家であったため、玄関部分には編集者の待合室もあり、面積は広いのに生かしきれていなかった。また、土地の広さを生かして敷地内に駐車場を作りたい、という理由で減築することになった。
リノベーション後も大半は古い住宅のままだが、今回の計画のファサードが古い住宅へも派生して行くような計画をした。
ファサードは断面をトレースするように外壁を構成し既存の住宅を継承した。デザインはシンプルだが古いものと融合し味わいや暖かさを感じられる材料としてモルタルを選択した。また既存と新規の破風を同色で仕上げ繋がりができた。
「減らす」ことで産まれる豊かさ。
減築はただ面積を減らすだけではなく、「今」に焦点を向ける事で心地よく暮らす事ができる手法である。
「コンパクトな住まいになる事での省エネ化」
「メンテナンスコストの軽減」
「家族の距離感のデザイン」
など、今後、様々な可能性へのアプローチを試みることが出来る気がする。
■建築概要
所在地:神奈川県鎌倉市
種別:リノベーション
構造規模:木造2F建
設計:大坪正佳、大坪文恵、福井信行
施工:ルーヴィス
担当:福井信行、黒田基実、荒井良太
計画面積:減築面積12.3m2 内装27.5m2
竣工 :2013年5月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact