吉岡徳仁がクリスタライズ展で発表した椅子「蜘蛛の糸」

( )

Photo at random

吉岡徳仁がクリスタライズ展で発表した椅子「蜘蛛の糸」

design, feature

kumonoito016

吉岡徳仁が東京都現代美術館での個展「TOKUJIN YOSHIOKA_Crystallize」で発表した椅子「蜘蛛の糸」です。

kumonoito001

kumonoito002

kumonoito003

kumonoito004

kumonoito005

kumonoito006

kumonoito007

kumonoito008

kumonoito009

kumonoito010

kumonoito011

kumonoito012

kumonoito013

kumonoito014

kumonoito015

kumonoito017

kumonoito018

kumonoito019

以下、デザイナーによるテキストです。

**********

蜘蛛の糸

7本の糸から生み出された椅子。芥川龍之介の小説で釈迦は、ただ一度、蜘蛛の命を守る善行を成した悪人に、天上から蜘蛛の糸を垂らす。蜘蛛の糸は、わずかな望みの象徴であり、はかなさの象徴でもある。2008年《ビーナスー自然結晶の椅子》では、作品の結晶生成に繊維のかたまりを用いてきたが、《蜘蛛の糸》は、自然結晶の構造を応用し、自然から生み出される形により近づける試みが行われている。フレーム内に留められたわずか7本の糸はまるで蜘蛛の巣のように張られ、三次元の線画として椅子のフォルムを中空に描き出す。この構造に結晶を育てることで、7本の極細の糸は結晶構造となり椅子形に固定される。形の質量を極限までそぎ落とし、自然に倣い、自然の力で造形した、椅子の彫刻が現れる。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact