TAKT PROJECTが会場構成を手掛けたヤマハデザイン研究所50周年企画展「DESIGN RECIPE」

( )

Photo at random

TAKT PROJECTが会場構成を手掛けたヤマハデザイン研究所50周年企画展「DESIGN RECIPE」

design, feature

YMH_space06

YMH_space07
photo(C)阿野太一

TAKT PROJECTが会場構成を手掛けたヤマハデザイン研究所50周年企画展「DESIGN RECIPE」です。

YMH_space01

YMH_space02

YMH_space03

YMH_space04

YMH_space05

YMH_space08

YMH_space09

YMH_space10

YMH_space11

YMH_space12

YMH_space13

YMH_space14

YMH_space15

YMH_space16

以下、デザイナーによるテキストです。

**********

秋のデザインウィーク期間中、AXISギャラリーで行われた、ヤマハデザイン50周年記念展「DESIGN RECIPE」のインスタレーション。

ヤマハデザイン50周年を振り返る記念碑的な展示であるため、独自のデザイン流儀を象徴する実際のプロダクトを数多く展示する事、また、楽器のデザインを始めて意識する人にとっても楽しめる展示となる事を求められた。

ヤマハデザインには、独自のデザイン流儀を表現するいくつかのキーワードがある。
その一つ「消費者でもユーザーでもなく、プレーヤーのためのデザイン」という想いに強いインスピレーションを受け、その想いを展示の中心とする事にした。

切り取ったステージの一部分と、楽器を演奏ポジションに配置することを基本に、モノとしての楽器の鑑賞ではなく、演奏情景そのものを展示することを試みている。
来場者がステージに上がって目線を変える事で、身体感覚を伴って楽器を感じる事も出来る。
また、それぞれの楽器は、展示の入口からは観客の視点、奥からは演奏者の視点で配置している。
これも、「プレーヤービューとオーディエンスビューどちらの視点も意識したデザイン」というヤマハデザイン独自のデザイン流儀を感じる仕掛けであり、展示空間そのものが一つのステージとして、演奏者の高鳴る感情を、そして、ステージを目の前にした観客の期待感を感じる事が出来る。

この結果、ガラスケースに展示されたプロダクトを鑑賞する展示とは大きく異なる、ヤマハデザイン独自のインスタレーションとなった。

■作品概要
展示名:ヤマハデザイン研究所50周年企画展「DESIGN RECIPE」
会場:六本木AXISギャラリー
期間:2013/10/30~11/4
クライアント:ヤマハ株式会社デザイン研究所
会場構成:TAKT PROJECT


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact