岸本貴信 / CONTAINER DESIGNによる徳島の住宅「阿波町の家」

( )

Photo at random

岸本貴信 / CONTAINER DESIGNによる徳島の住宅「阿波町の家」

architecture, feature

awacyo_006

岸本貴信 / CONTAINER DESIGNが設計した徳島の住宅「阿波町の家」です。

awacyo_001

awacyo_003

awacyo_004

awacyo_005

awacyo_007

awacyo_009

awacyo_010

awacyo_011

awacyo_012

awacyo_015

awacyo_016

awacyo_017

awacyo_018

awacyo_019

awacyo_022

awacyo_023

以下、建築家によるテキストです。

**********

見渡す限りの田園風景。遠くには、山間を望むことができる。
辺りには農家の家々がポツポツと建つ農村である。この地を住処としたクライアント家族。
主な要望は「庭のある、広々とゆったりとした家」。 
住まう上で必要な居場所、そのそれぞれを“個”として捉える。
一般的な四角の部屋を考えた時、庭いわゆる外との繋がりが四角四面の四方向の方向性に限られる。
そうなると今回のこの環境に対してのクライアントの言う要望にはそぐわないように感じた。
次に個の平面を円として考える。すると外との繋がりが放射状となり開放的になる。
だが反面プライバシーに欠ける。内に向くにも外に向くにもそうである。
そこでこの環境に対して、個を守りつつゆったりと外と繋げるには、個は四角を成し一方向のみ開放し中庭と繋げ、個の集合、つまり家は個の角と角を繋ぎ角度を持ちながら円を描くように配列する。
個のそれぞれは中庭を向き、家としては個と個の間(スキマ)より繋がる。
スキマは次の個へ移動時に必ず通るため、生活の中で外と常に接することとなる。
生活の中で常に外を感じ広々とゆったりとした家がここに計画された。 

■建築概要
建築地:徳島県阿波市
構造・規模:木造平屋建て(ロフト付)
敷地面積:725.67m2
建築面積 :158.32m2
延べ床面積:173.69m2


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact