エマニュエル・ムホーによるユニクロ銀座旗艦店でのウィンドウ&店内インスタレーション「colorful wind」

( )

Photo at random

エマニュエル・ムホーによるユニクロ銀座旗艦店でのウィンドウ&店内インスタレーション「colorful wind」

architecture, feature

UniqloGinza_01

UniqloGinza_02

エマニュエル・ムホーによるユニクロ銀座旗艦店でのウィンドウ&店内インスタレーション「colorful wind」です。この作品は、2014年3月27日まで展開中。

UniqloGinza_03

UniqloGinza_04

UniqloGinza_05

UniqloGinza_06

UniqloGinza_07

UniqloGinza_08

UniqloGinza_09

UniqloGinza_10

UniqloGinza_11

以下、建築家によるテキストです。

**********

春のコーディネートを彩るユニクロの新商品「リネン」。
そのリネンの軽やかさ、清々しい着心地、そして柔らかさとしなやかさを表現するインスタレーションをユニクロのディスプレイウィンドウで行う。爽やかな春風の中で浮かび、揺れる鮮やかな色を春らしいリネンと共にディスプレイする。
銀座旗艦店をはじめ、ニューヨーク5番街店やロンドン311オックスフォードストリート店など、海外グローバル旗艦店を含めた世界8か国26都市(51店舗)で同時展開をする。カラフルな風にリネンを乗せて世界中に春を届けるインスタレーションだ。

コンセプトはcolorful wind。
100色の紙の帯がマネキンの上で揺れ動き、まるでカラフルな春風をマネキンがまとっている様子を表現した。空中に浮かび揺れる色は春風に舞い上がる新しい季節の彩りのようだ。
インスタレーションを行う最初の店舗となった銀座旗艦店1階ガラスケースでは、長さが4.7mにもなる帯が2階から2400本吊られている。床に設置したサーキュレーターにより帯が舞い上がり、揺らめく中で、リネンを着たマネキンが春の訪れを感じさせる。1階の天井の鏡により、揺れ動く色が反射され、ケースからたくさんの色が溢れ出てくるように見える。そしてファサードにはガラスケースと同じ100色の正方形が7mの高さまで敷き詰められ、色が春風に舞い上がる様子を表現している。

■建築概要
場所:ユニクロ銀座旗艦店
住所:東京都中央区銀座6-9-5 ギンザコマツ東館 1F~2F
期間:3月4日(火)~ 3月27日(木) 11:00 – 21:00 ※ショーウィンドウは3月20(木)まで
※今後海外グローバル旗艦店を含め世界8か国26都市51店舗で同時展開。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact