江藤健太 / 江藤健太アトリエ建築設計事務所による大分・中津の住宅「沖代の家」

( )

Photo at random

江藤健太 / 江藤健太アトリエ建築設計事務所による大分・中津の住宅「沖代の家」

architecture, feature

eto-sama-01

eto-sama-10
photo(C)矢野紀行

江藤健太 / 江藤健太アトリエ建築設計事務所が設計した大分・中津の住宅「沖代の家」です。

eto-sama-02

eto-sama-03

eto-sama-04

eto-sama-05

eto-sama-06

eto-sama-07

eto-sama-08

eto-sama-09

eto-sama-11

eto-sama-12

eto-sama-13

eto-sama-14

eto-sama-15

eto-sama-16

eto-sama-17

eto-sama-18

eto-sama-19

eto-sama-20

eto-sama-21

eto-sama-22

eto-sama-haichi

eto-sama-plan

eto-sama-concept--rendar2

以下、建築家によるテキストです。

***********

敷地は大分県北部に位置する。
住宅地の造成が拡大している地域であり、
南側・西側に住宅が建ち並ぶ反面、北側には広大な田園風景が残されていた。

この表裏反面するような環境に対しての建物の開閉、内外との関係性から
この住宅のあり方や空間を考えた。

南北軸は、約7mの大開口をそれぞれ異なる高さに3ヶ所設け、南北を繋ぎ
合わせている。
南側の大開口を上げる事で隣家からのプライバシーと採光・通風を確保している。対して、北側は田園を見下ろすように眺望を確保している。

また、建物長辺方向を東西軸にとり、吹抜け方向・開口の向き・無垢床材・木製建具の鴨居やレールの方向性を統一する事で距離感や空間に伸びを作り出した。

南北軸に大開口をくり貫く事で空洞を作り、東西軸へ方向性と距離感を与え、
ひとまとまりのシンプルなフォルムの中に広がりをもたせている。

空間の内と外との関係から開閉を操作することで、プライベートな場や開放性を同時につくり出せるような空間を考えた。それは、内部にいて外部のような、外部にいて内部のような豊かさのある空間である。

■建築概要
沖代の家
コンセプト : 空洞・洞窟
建設地 : 日本 大分県 中津市
建築家:江藤健太アトリエ建築設計事務所
構造家:中原英隆
写真家:矢野紀行
施工:西日本土木㈱
構造:木造 一部鉄骨 2階建て
面積:115.10㎡
期間:2013.01-2014.01


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact