神田篤宏+佐野もも / comma design officeによる東京・品川の住宅「上大崎のいえ」

( )

Photo at random

神田篤宏+佐野もも / comma design officeによる東京・品川の住宅「上大崎のいえ」

architecture, feature

kamiosaki-000
photo(C)太田拓実

神田篤宏+佐野もも / comma design officeが設計した東京・品川の住宅「上大崎のいえ」です。

敷地は地形のアップダウンが激しい住宅密集地の中、谷間の東斜面に位置しています。
周辺を歩くと急傾斜に密集する建物の隙間からは思いがけない高さで向こうの屋根が見えたり、近接する建物の隙間から谷向こうの遠景がのぞいていたり、多様な方向性をもった隙間を介して直近のモノとそれらのモノが集積する都市の遠景とが同時に存在する、立体的な風景の展開が見られます。
こうした地形と建物が密集してつくられる多様な解像度をもった隙間からの風景に着目し、それを建築化することを試みました。

※以下の写真はクリックで拡大します

kamiosaki-001

kamiosaki-003

kamiosaki-004

kamiosaki-005

kamiosaki-006

kamiosaki-007

kamiosaki-008

kamiosaki-009

kamiosaki-010

kamiosaki-011

kamiosaki-012

kamiosaki-plan

kamiosaki-section

kamiosaki-site-section

以下、建築家によるテキストです。

**********

敷地は地形のアップダウンが激しい住宅密集地の中、谷間の東斜面に位置しています。
周辺を歩くと急傾斜に密集する建物の隙間からは思いがけない高さで向こうの屋根が見えたり、近接する建物の隙間から谷向こうの遠景がのぞいていたり、多様な方向性をもった隙間を介して直近のモノとそれらのモノが集積する都市の遠景とが同時に存在する、立体的な風景の展開が見られます。
こうした地形と建物が密集してつくられる多様な解像度をもった隙間からの風景に着目し、それを建築化することを試みました。

建物は敷地形状に合わせてやや東西に長い矩形とし、東側と西側で床の高さを半階ずらしています。また短冊状の壁を互いに接しないよう並べることで、壁と壁の間や床版の上下のように水平にも垂直にも重なり合うように隙間を構成しています。
東側には眼下の家々や谷向こうの緑といった都市の遠景が広がり、一方隣地と近接する南北方向は隣家の外壁や雨樋といった直近のモノが見えます。半階ずれた上階と下階の生活と開口越しの風景が重層して、都市の遠景と直近のモノ、建物内の生活という異なる解像度が同時に展開することで空間が活発化します。

建物内はそれぞれが同程度の大きさとなるよう田の字に四分割し、各スペースの床の角を切り取った、その中心部分に吹抜をつくっています。この吹抜は四分割された各スペースが等しい関係性を持つよう田の字に対して45度振れており、床同士をつなぐ階段スペースにもなっています。互いが等しく向き合いながら半階ずつずれて3層に積層することでそれぞれのスペースはヒエラルキーなく並びます。こうしたニュートラルな空間構成は、一方で外部からの日射や眺望、あるいは温熱環境の違いでそれぞれ異なる質を持った場所となります。

■建築概要
用途:専用住宅
敷地:東京都品川区
敷地面積:105.80㎡
建築面積:63.43㎡
延床面積:172.28㎡
階数:地上3階
構造:木造
竣工:2014年3月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact