大野力 / sinatoによる、集合住宅の1室をリノベーションした住宅「Fujigaoka M」

( )

Photo at random

大野力 / sinatoによる、集合住宅の1室をリノベーションした住宅「Fujigaoka M」

architecture, feature

fujigaokam-01

fujigaokam-02
all photos(C)矢野紀行

大野力 / sinatoが設計した集合住宅の1室をリノベーションした住宅「Fujigaoka M」です。

築26年の集合住宅の1室をリノベーションした夫婦2人の為の住宅。
既存耐力壁の両側に寝室とウォークインクローゼットをコンパクトにまとめ、南西2面の窓を繋げるようにL型のオープンスペースを設けて全体に光と風が行き渡るような室内環境を目指した。

※以下の写真はクリックで拡大します

fujigaokam-03

fujigaokam-04

fujigaokam-05

fujigaokam-06

fujigaokam-07

fujigaokam-08

fujigaokam-09

fujigaokam-10

fujigaokam-11

fujigaokam-12

fujigaokam-13-plan

以下、建築家によるテキストです。

***********

[Fujigaoka M]

築26年の集合住宅の1室をリノベーションした夫婦2人の為の住宅。
既存耐力壁の両側に寝室とウォークインクローゼットをコンパクトにまとめ、南西2面の窓を繋げるようにL型のオープンスペースを設けて全体に光と風が行き渡るような室内環境を目指した。
オープンスペースにはキッチンや洗面所が開いた場所として配置され、特に窓に面した洗面所は、集合住宅にありがちな無窓の風呂前洗面所とは対照的に、外の空気や室内の気配を感じながら使用出来る。
またオープンスペースと寝室等との間仕切りであるL型の木壁は、絵を飾ったり本を並べたり座ったり寝転んだり出来る、この家のシンボルとなるような大きな家具として設置した。
窓際では白く塗装した床が外光を反射し明るい場所をつくる。計画中インナーテラスと呼ばれていたこの場所は、例えば南側であれば、オープンスペースと寝室のどちらからもその明るさと広さを感じられる共用空間であり、またそれらの場所をゆるやかに繋ぐ緩衝空間でもある。
限られた面積の中で、住人がなるべく広く自由に暮らしていくには、分断した生活機能に応じて個別に場所をつくるよりも、それらの場所を繋げたり重ねたりしながら全体をつくるのが有効ではないかと考えていた。

大野力 / sinato

■建築概要
Fujigaoka M
設計・監理:大野力 作田眞帆 / sinato
協力 : 照明設計 – 後藤徹 / FDS
施工 : 三起
企画:リビタ
施主:個人
竣工 : 2014.03
所在地 : 神奈川県横浜市
用途 : 住宅
面積 : 64.3㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact