大野力 / sinatoによる集合住宅の1室のリノベーション「Fujigaoka T」

( )

Photo at random

大野力 / sinatoによる集合住宅の1室のリノベーション「Fujigaoka T」

architecture, feature

fujigaokaT03
all photos(C)矢野紀行

大野力 / sinatoが設計した集合住宅の1室のリノベーション「Fujigaoka T」です。

築26年の集合住宅の1室をリノベーションした家族3人の為の住宅。
元の天井高さは一律2450mmで統一されていたが、躯体図面を確認すると上階にある配管ピットの関係でスラブの高さが区々である事が分かり、高い場所についてはギリギリまで天井を上げて、その範囲を考慮しながらプランを進めることにした。

※以下の写真はクリックで拡大します

fujigaokaT01

fujigaokaT02

fujigaokaT04

fujigaokaT05

fujigaokaT06

fujigaokaT07

fujigaokaT08

fujigaokaT09

fujigaokaT10

fujigaokaT11

fujigaokaT12

以下、建築家によるテキストです。

**********

[Fujigaoka T]

築26年の集合住宅の1室をリノベーションした家族3人の為の住宅。
元の天井高さは一律2450mmで統一されていたが、躯体図面を確認すると上階にある配管ピットの関係でスラブの高さが区々である事が分かり、高い場所についてはギリギリまで天井を上げて、その範囲を考慮しながらプランを進めることにした。
基本的には天井の高い場所に居室を配置している。またその中で一部床を二層化し、下を天井高2000mmの寝室、上を天井高1400mmのフリースペースとして利用する場所を設けた。下の寝室は新たな床を支える柱を現した真壁によって2部屋に分けられ、共に手前のホールに開かれている。ホールには共用の作業デスクとクローゼットを用意し、両寝室から使用出来るようにした。つまりこの寝室は、手前半分はホールを介して繋がった1部屋で、奥半分は真壁によって分けられた2部屋なのである。
上のフリースペースも、足下のスリット窓を介して視覚的にホールと繋がっている。また壁際では床を途中で止めて、下の寝室に位置する窓からの通風等を考慮した細い吹抜けを設けた。
平面的にも立体的にも異なる形で繋がったこれらの空間が、家族の様々な生活の距離を受け止める環境として機能することを期待している。

大野力 / sinato

■建築概要
Fujigaoka T
設計・監理:大野力 作田眞帆 / sinato
協力 : 照明設計 – 後藤徹 / FDS
施工 : 三起
企画:リビタ
施主:個人
竣工 : 2014.03
所在地 : 神奈川県横浜市
用途 : 住宅
面積 : 68.2㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact