竹口健太郎+山本麻子 / アルファヴィルによる大阪の住宅「DIG IN THE SKY」

( )

Photo at random

竹口健太郎+山本麻子 / アルファヴィルによる大阪の住宅「DIG IN THE SKY」

architecture, feature

dig-in-the-sky_D000
all photos(C)Shigeo Ogawa

竹口健太郎+山本麻子 / アルファヴィル一級建築士事務所が設計した大阪の住宅「DIG IN THE SKY」です。

大阪都心の住宅。三方を隣家に囲まれた細長い敷地に採光をもたらすため、ふたつの中庭をはさむ3つの棟からなる住宅を考えた。各棟とも、ワンフロアにひとつの部屋がとれる程度のサイズになるので、部屋同士は中庭を横断するチューブ状の廊下あるいは階段室でつなぐこととした。すべての部屋は扉で区切られるのでなく、長くひきのばされた形の出入口でつながれ、空気的には緩やかにつながりながら、居住する際の適切な分離感を得ることもでき、住宅内の他の場所との自由な距離感や居所を見つけることができる。

※以下の写真はクリックで拡大します

dig-in-the-sky_D001

dig-in-the-sky_D003

dig-in-the-sky_D005

dig-in-the-sky_D006

dig-in-the-sky_D007

dig-in-the-sky_D009

dig-in-the-sky_D010

dig-in-the-sky_D011

dig-in-the-sky_D012

dig-in-the-sky_D013

dig-in-the-sky_D016

dig-in-the-sky_D017

dig-in-the-sky_D019

dig-in-the-sky_D022

dig-in-the-sky_D023

dig-in-the-sky_D025

dig-in-the-sky_D026

dig-in-the-sky_D029

dig-in-the-sky_D030

dig-in-the-sky_D031

dig-in-the-sky_D032

dig-in-the-sky_D034

dig-in-the-sky_D035

dig-in-the-sky_D038

dig-in-the-sky_D039

dig-in-the-sky_D040

dig-in-the-sky_D042

dig-in-the-sky_D043

dig-in-the-sky_D045

dig-in-the-sky_D046

dig-in-the-sky_D047

dig-in-the-sky_D048

dig-in-the-sky_D049

dig-in-the-sky_D050

dig-in-the-sky_D051

dig-in-the-sky_D052

dig-in-the-sky_D053

dig-in-the-sky_D054

以下、建築家によるテキストです。

**********

空にアナをほる
大阪都心の住宅。三方を隣家に囲まれた細長い敷地に採光をもたらすため、ふたつの中庭をはさむ3つの棟からなる住宅を考えた。各棟とも、ワンフロアにひとつの部屋がとれる程度のサイズになるので、部屋同士は中庭を横断するチューブ状の廊下あるいは階段室でつなぐこととした。すべての部屋は扉で区切られるのでなく、長くひきのばされた形の出入口でつながれ、空気的には緩やかにつながりながら、居住する際の適切な分離感を得ることもでき、住宅内の他の場所との自由な距離感や居所を見つけることができる。
空中を舞うチューブ
1階の一部がピロティであり、宙にういたチューブは、さらに中庭を斜めに横切ることで、部屋と部屋、部屋と隣家、部屋とピロティ・街路のあいだの視線や喧騒をさえぎったり、垣間見せたりする。またチューブの外壁で反射された自然光は、さまざまな角度で室内にさしこみ、さながら幾重にも屏風がたっているように、チューブとその向こうに見える風景とが重なり、またずれあって、抑揚にとんだシークエンスをうみだす。
ループ
3階から2階に降りるチューブが2本あることで、この住宅内には袋小路でない、立体的にリンクされたループができあがった。目的の場所へ幾通りもの経路が考えられる立体都市のような室内は、また中庭越しに立体的に周囲の都市へとにじみだし、つながってゆき、個室やドアによって閉ざされない新しい居住感を、この入り組んだ都市の中で享受することを可能にするだろう。

■建築概要
設計
設計者 竹口健太郎+山本麻子 /アルファヴィル 担当/ 竹口健太郎 山本麻子 小池智久
構造 S3 Associates  担当/ 高橋俊也 橋本一郎
構造・構法
主体構造・構法 鉄骨造
基礎 べた基礎
規模
階数  地上3階
軒高  8,300mm  最高高さ 8,500mm
敷地面積 83.69㎡
建築面積 55.30㎡(建蔽率66.08% 許容80%)
延床面積 132.69㎡(容積率149.23% 許容240%)
敷地条件
第一種住居地域 準防火地域
道路幅員 4.0m 北側接道


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact