隈研吾による、東京・世田谷の「成城木下病院」の画像

( )

Photo at random

隈研吾による、東京・世田谷の「成城木下病院」の画像

architecture

隈研吾のウェブサイトに、東京・世田谷の「成城木下病院」の画像が掲載されています

隈研吾のウェブサイトに、東京・世田谷の「成城木下病院」の画像が4枚掲載されています。

文化人に愛された世田谷区成城の、産科を主とした病院の建替え計画。古くから地域に根ざしたちいさな病院で、都市・環境との距離感をテーマにした、ささやかながら新しいタイプの病院を建設中である。
従来から、病院建築は複雑な組織が同居することを根とした狭義の機能性、効率性、画一性を偏重するがゆえに外部環境と断絶した「白い巨塔(棟)」をロールモデルにすることから抜け出せないでいる。加えて近年はインテリアの小手先な対応が横行し、ますます閉鎖的な院内環境を作りだし、外と断絶された箱化が進められている。ここでは、成城の地域が育んだグリーンを用いて積極的に開いた建築を提案し、外皮には浮遊する自然木のルーバーを纏った建築とした。緑と木を細やかに配置することで視線の制御を入念に計画し、環境との距離を曖昧にして内外をやわらかく繋いでいる。
設計、デザインは、病院設計における常識を排除し、現場職員を含む細かい協議を経て実効的なものかどうかを入念に確認し進められた。この病院ならではの、経営層/ドクター/コ・メディカル(さらには患者も!)の垣根が低くキメ細やかな連携・配慮による高度な医療の実現を目標に掲げる病院だからできる、地域・産科医療、病院建築の全方位に投石するプロジェクトである。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact