フォルム・木村浩一建築研究所による、滋賀県大津市の「親密な家」

( )

Photo at random

フォルム・木村浩一建築研究所による、滋賀県大津市の「親密な家」

architecture, feature

shinmitus000
all photos(C)浅田美浩

フォルム・木村浩一建築研究所が設計した、滋賀県大津市の「親密な家」です。

この建物は、住宅が密集し道路幅も狭い狭小敷地に建つ住宅である。
このような環境の中、豊かな内部空間を内包する小さく美しい住宅を提案した。

※以下の写真はクリックで拡大します

shinmitus001

shinmitus002

shinmitus003

shinmitus004

shinmitus005

shinmitus006

shinmitus007

shinmitus008

shinmitus009

shinmitus010

shinmitus011

shinmitus012

shinmitus013

shinmitus014

shinmitus016

shinmitus017

shinmitus018

shinmitus019

shinmitus020

shinmitus021

shinmitus022

shinmitus023

shinmitus024

shinmitus025

shinmitus026

shinmitus027

shinmitus028

shinmitus029

以下、建築家によるテキストです。

***********

この建物は、住宅が密集し道路幅も狭い狭小敷地に建つ住宅である。
このような環境の中、豊かな内部空間を内包する小さく美しい住宅を提案した。

1階は、先に駐車スペースを確保し、残されたスペースを最大限に活かすため、寝室と子供室を直接階段ホールに繫がる構成にしている。
この小さなホールは、上階からの光と階段壁のフォルムによって、視線と光が抜けてゆくリズミカルで明るい空間になっている。

2階部分は、最大限のヴォリュームを確保するため、法規制が許す限り前面道路側にせり出し、LDKと多目的に利用される小部屋、水回りを配置している。

また、視覚的な広がりを演出するために天井の高さに変化をもたせ、多様な位置から光が射し込む開口部を配置した。

そして造作された家具によって、スペースは有効に利用され、親密で広がりある空間が生み出されることになる。

広い空間では表現できない小さな空間から生まれる心地よさは、この家の大きな魅了になっている。

■建築概要
所在地:滋賀県大津市
竣工年:2015 年
構造:木造軸組
規模:
敷地面積 80,58㎡
延床面積 92,21㎡

**********

アーキテクチャーフォトでは、過去にも、フォルム・木村浩一建築研究所の作品を多数紹介しています


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact