成瀬・猪熊建築設計事務所による、岩手県陸前高田市の「りくカフェ本設」

( )

Photo at random

成瀬・猪熊建築設計事務所による、岩手県陸前高田市の「りくカフェ本設」

architecture, feature

rikucafehon00
all photos(C)西川公朗

成瀬・猪熊建築設計事務所による、岩手県陸前高田市の「りくカフェ本設」です。

 これは、東日本大震災において甚大な被害を受けた陸前高田市にコミュニティカフェ「りくカフェ」をつくり、被災した地域のみなさんと一緒に運営を続けているプロジェクトである。

※以下の写真はクリックで拡大します

rikucafehon01

rikucafehon02

rikucafehon04

rikucafehon05

rikucafehon06

rikucafehon07

rikucafehon08

rikucafehon09

以下、建築家によるテキストです。

**********

地域づくりとしての建築

 これは、東日本大震災において甚大な被害を受けた陸前高田市にコミュニティカフェ「りくカフェ」をつくり、被災した地域のみなさんと一緒に運営を続けているプロジェクトである。
 震災後間もなく、高台にプレハブを建設し診療を再開した医師・歯科医やその家族らと、東京大学・首都大学東京の研究メンバーらがチームを発足し、敷地全体が地域の憩いの場となることを目指して計画を進めた。まずは早さを重視して2012年1月に仮設のカフェをオープンし、3年間の活動によって、市内外から人が訪れ、月に数回イベントを行ったり、生協の移動販売車が立ち寄ったりするような地域の拠点として成長した。一方で敷地が復興道路の計画地にあたること、仮設建築物で使用期限があること、トイレやコンロがなく設備が不十分なことから、今回それらを改善し、面積を倍にして建て替えを行った。
 設計者である私たちのりくカフェにおける役割は多岐に渡る。全体計画の策定やカフェの設計に留まらず、ファンディングも行い、運営にも関わっている。
 幸い、10月5日にオープンを向かえた本設は、昼間のランチなどを中心に多くの人で賑わい好調な滑り出しだ。来年度からは、介護保険事業も受託予定で、活動の範囲を広げている。地域のコミュニティ作りでは観光やIターンによるによる他地域からの収益獲得が注目を浴びるが、全ての地域に汎用性のある「豊かに地域を縮小する合理性」もまた重要だ。介護保険事業との組み合わせは、その一つの解決になると信じている。

*現在スタッフを募集しております。
http://job.ap-books.com/?eid=78


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact