久保秀朗+都島有美 / 久保都島建築設計事務所による、東京・目黒の「虹のチャペル」

( )

Photo at random

久保秀朗+都島有美 / 久保都島建築設計事務所による、東京・目黒の「虹のチャペル」

architecture, feature

nijikyoukai02
all photos(C)Koji Fujii / Nacasa & Partners

久保秀朗+都島有美 / 久保都島建築設計事務所が設計した、東京・目黒の「虹のチャペル」です。

教会部分では楕円形の平面とハイサイドライトという既存躯体の特徴を最大限生かしながら、光によって装飾をつくることを考えました。ハイサイドライトの窓台を色分けして塗装することで、内部空間に入る光にほのかに色を加えると、壁面につけたリブに彩色された光があたり、虹のような光が内部空間に立ち現れます。

※以下の写真はクリックで拡大します

nijikyoukai01

nijikyoukai03

nijikyoukai04

nijikyoukai05

nijikyoukai06

nijikyoukai07

以下、建築家によるテキストです。

**********

虹のチャペル

恵比寿にある結婚式場の改修プロジェクトです。建物は、バブル期に隣接していた高級会員制サロンの別館として建てられ、その後運営者が代わりながら主に結 婚式場として使われていました。新しいオーナーからは、既存施設の過剰な装飾をなくし、自然光が感じられるデザインが求められました。そこで、教会部分で は楕円形の平面とハイサイドライトという既存躯体の特徴を最大限生かしながら、光によって装飾をつくることを考えました。ハイサイドライトの窓台を色分け して塗装することで、内部空間に入る間接光にほのかに色が加わります。壁面につけたリブに彩色された光があたり、虹のような光が内部空間に立ち現れます。
虹は聖書で約束の象徴とされています。物質的な装飾ではなく、「光を装飾する」という発想によって現代的なセレモニー空間へと生まれ変わらせました。

■建築概要
物件名:メゾン・プルミエールアットロビンズ
所在地:東京都目黒区中目黒1-1-29
用途 : 結婚式場、レストラン
延床面積 :1897.09㎡
設計期間:2014 年11 月~ 2015 年1 月
竣工:2015 年4 月1日
設計監理:久保秀朗+都島有美/久保都島建築設計事務所
施工:フジタビルメンテナンス
建築主:プリオコーポレーション
写真撮影:藤井浩司(ナカサアンドパートナーズ)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact