アイボリィアーキテクチュア / 永田賢一郎+原﨑寛明による、東京都千代田区の「株式会社アバージェンス新オフィス」

( )

Photo at random

アイボリィアーキテクチュア / 永田賢一郎+原﨑寛明による、東京都千代田区の「株式会社アバージェンス新オフィス」

architecture, feature

avg_001

avg_002
all photos(C)Koichi Torimura

アイボリィアーキテクチュア / 永田賢一郎+原﨑寛明が設計した、東京都千代田区の「株式会社アバージェンス新オフィス」です。

経営コンサルティング・ファームのオフィス内装設計。
クライアントであるコンサルタントたちはふだん客先に常駐しており、自社オフィスへはときおり戻ってくる。自らの働き方を「海賊」と見立てる彼らが、つかの間の休息をとる「母港」としてのオフィス空間の設計である。

※以下の写真はクリックで拡大します

avg_003

avg_004

avg_005

avg_006

avg_007

avg_008

avg_009

avg_010

以下、建築家によるテキストです。

**********

株式会社アバージェンス新オフィス

経営コンサルティング・ファームのオフィス内装設計。
クライアントであるコンサルタントたちはふだん客先に常駐しており、自社オフィスへはときおり戻ってくる。自らの働き方を「海賊」と見立てる彼らが、つかの間の休息をとる「母港」としてのオフィス空間の設計である。
日頃から人の出入りは流動的であり、それに対応した徹底したフリーアドレス制のオフィスを求められた。書類や私物は机の上に一切置いて帰らない。デスクトップPCは廃止。ネットワークは完全にワイヤレスで、プリンタやプロジェクタまで無線化。電源コードなどケーブル類も可能な限り目につかなくする。など、徹底的に「固定されたものをなくす」社内環境を実現するため、小物からオフィスチェアなどの家具、加えて働く人までをその動きによって分類し、動き回るモノ(物・者)を一時的に「係留」する場所として設えることで空間にコントラストをつけた。
エントランスとオフィスエリアは、一体の空間でありながら床の素材を柔らかいカーペットから固いモルタルへと切り替えることで、性質の異なる2つの場所に分けた。また波止場のような段差は、帰ってきたコンサルタントたちや新たな来港者(オフィスへの来訪者)を寛く受けとめている。
オフィスエリアの床から立ち上がる大きな机は、緩く動線をコントロールしつつ、小舟が集まる桟橋のように利用者が寄りつくことを可能にしている。大会議室の壁は、錆びた鉄板でできた巨大な可動壁となっており、開閉することによって空間の印象をがらりと変える。
大きなジェスチャーによってモチーフを表現することで、構成とイメージ、さらには使いかたが共振するところまで踏み込んだ提案をした。

■建築概要
物件名:株式会社アバージェンス新オフィス
物件所在地:東京都千代田区
設計:アイボリィアーキテクチュア/永田賢一郎+原﨑寛明
施工:株式会社TANK
製作家具:南木工
設計期間:2013年7月~12月
施工期間:2014年1月~3月
使用期間:2014年3月~
対象床面積:388.90㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact