POINT+丹青社による、茨城の、実験施設+ギャラリー「筑波大学エンパワースタジオ」

( )

Photo at random

POINT+丹青社による、茨城の、実験施設+ギャラリー「筑波大学エンパワースタジオ」

architecture, feature

tsukuba_1-1
all photos(C)長谷川健太

POINT+丹青社による、茨城の、実験施設+ギャラリー「筑波大学エンパワースタジオ」です。

エンパワースタジオは、<エンパワーメント情報学※1>という新しい学科の実験施設である。この施設は、大規模空間の実験スペースと、前面のギャラリースペース(グランドギャラリー)によって構成されている。

※以下の写真はクリックで拡大します

tsukuba_1-2

tsukuba_1-3

tsukuba_2

tsukuba_3-1

tsukuba_3-2

tsukuba_4

tsukuba_5-1

tsukuba_5-2

tsukuba_5-3

tsukuba_6

tsukuba_7

tsukuba_8

tsukuba_9

tsukuba_10-1

tsukuba_10-2

tsukuba_10-3

tsukuba_11

tsukuba_12

tsukuba_13

tsukuba_14

tsukuba_15

以下、建築家によるテキストです。

***********

筑波大学エンパワースタジオ / Empowerment Studio, University of Tsukuba

エンパワースタジオは、<エンパワーメント情報学※1>という新しい学科の実験施設である。この施設は、大規模空間の実験スペースと、前面のギャラリースペース(グランドギャラリー)によって構成されている。
グランドギャラリーは様々な使い方に対応するため、可動什器(=エンパワーユニット)の組合せで成り立っている。
エンパワーユニットは、<モバイル(可動)><トランスフォーム(変形)><マルチファンクション(多機能)>というコンセプトでデザインされ、組合せ次第で大小様々な研究成果の発表や展示が可能となる。
また、ワークショップ・レクチャー等のイベントにもフレキシブルに対応でき、大学の実験施設として、よりアクティブに使われる空間を目指した。
※1:人の機能の補完・協調・拡張により、生活の質を向上させることを目的とした情報学

■建築概要
用途:実験施設+ギャラリー
所在地:茨城・つくば
企画・全体計画:筑波大学 岩田洋夫
空間・什器デザイン:POINT 長岡勉
実験装置・什器 実施設計、施工:丹青社 松村磨
什器制作:TANK
建築施工:エム・ケー
電気設備設計:EOSplus
空調設備設計:Comodo設備計画
クライアント:筑波大学
完成年月:2015年3月
撮影:長谷川健太


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact