永山祐子と中村竜治の展覧会「プレイ・ジュエリー ウエア・アーキテクチャー 建築を通してジュエリーを考える」が開催中 [-2016/1/30]

( )

Photo at random

永山祐子と中村竜治の展覧会「プレイ・ジュエリー ウエア・アーキテクチャー 建築を通してジュエリーを考える」が開催中 [-2016/1/30]

architecture, exhibition

nakamurasama-exhibition

永山祐子中村竜治の展覧会「プレイ・ジュエリー ウエア・アーキテクチャー 建築を通してジュエリーを考える」が開催されています。場所は東京都渋谷区の「(PLACE) by method」です。会期は2016年1月30日まで。(※会期中、日・祝日は閉廊しておりますのでご注意下さい。※12月26日(土)~1月6日(水)の間、冬期休業となります。)

本展覧会では、永山祐子氏と中村竜治氏の二人の建築家が、私的と公的領域について考えると共に、ジュエリーと建築の共通性を広く認識するための相互作用に着目します。

ウェア・アーキテクチャーは、東京都庭園美術館にて開催中の「オットー・クンツリ展」と平行して行われているサテライト•プログラム「プレイ•ジュエリー:よそおう、つくる、かんがえる」の一環として「シュムック2」が企画した新たなプロジェクトで、ジュエリーと建築との間の相互作用を個人と公の両方の視点から模索し、建築の文脈の中でジュエリーを考え、ジュエリーの新たな定義を考えることを主な目的としています。

本展に先駆け、永山祐子氏と中村竜治氏の二人に、長坂常氏と中山英之氏の二名の建築家も迎え、ジュエリーと建築の間に存在する共通点や違いは何か、どのような相互作用をもたらすことができるのかを話し合うディスカッションを行い、その内容をさらに発展させ、今回の展覧会の運びとなりました。

以下、詳細な情報です。

■展覧会概要
本展覧会では、永山祐子氏と中村竜治氏の二人の建築家が、私的と公的領域について考えると共に、ジュエリーと建築の共通性を広く認識するための相互作用に着目します。

ウェア・アーキテクチャーは、東京都庭園美術館にて開催中の「オットー・クンツリ展」と平行して行われているサテライト•プログラム「プレイ•ジュエリー:よそおう、つくる、かんがえる」の一環として「シュムック2」が企画した新たなプロジェクトで、ジュエリーと建築との間の相互作用を個人と公の両方の視点から模索し、建築の文脈の中でジュエリーを考え、ジュエリーの新たな定義を考えることを主な目的としています。

本展に先駆け、永山祐子氏と中村竜治氏の二人に、長坂常氏と中山英之氏の二名の建築家も迎え、ジュエリーと建築の間に存在する共通点や違いは何か、どのような相互作用をもたらすことができるのかを話し合うディスカッションを行い、その内容をさらに発展させ、今回の展覧会の運びとなりました。

永山祐子より:
たとえそれがなくとも建物は機能として成立している。でも、それがあることで建築も新しい見え方、意味、コミュニケーションが生まれる。それが装飾であり、装飾を現象として作ることでそこに時間と空間、見る人を含んだ可変性が生まれる。ジュエリーも同じように考えられる。それが身体上だというだけだ。

中村竜治より:
建築における装飾は、ある意味、建物の大きさを表現する物差しのようなものであると言うことができる。そのように装飾というものを観察すると、鮮明で新鮮なものに感じられるようになる。本展では、建物のための装飾と人のための装飾の中間的なものをつくることで、建築とジュエリーの装飾性についえて考みたい。

Schmuck2 / シュムック2(ドイツ / 日本)
スーザン•ピーチ(ドイツ / 日本)は長年にわたり、シュムック2の活動を通じてジュエリーを用いた多面的な表現を模索しています。様々なプロジェクトの発案に関わる中、一般参加型の企画など、コンテンポラリー•ジュエリーの領域でユニークな展覧会を行う事で、シュムック2の名声を確立しました。ピーチは異なる文化を持つ人々が共に作業できるようきっかけ作りに努め、ファインアートと応用美術にまたがる型破りな概念を用いて、ジュエリーとの関わり方を独特かつ多面的な視点から再考しています。
URL:www.schmuck2.de

永山祐子
1975年東京生まれ。1998年昭和女子大学生活美学科卒業。1998~2002年 青木淳建築計画事務所勤務。2002年永山祐子建築設計設立。主な仕事、「LOUIS VUITTON 京都大丸店」、「丘のある家」、「ANTEPRIMA」、「カヤバ珈琲」、「SISII」、「木屋旅館」、「豊島横尾館」、「渋谷西武AB館5F」など。ロレアル賞奨励賞、JCDデザイン賞奨励賞、AR Awards(UK)優秀賞「丘のあるいえ」、(2006)、ARCHITECTURAL RECORD Award, Design Vanguard2012、JIA新人賞「豊島横尾館」(2014)など。
URL:http://www.yukonagayama.co.jp/

中村竜治
建築家 1972年長野県生まれ。
東京藝術大学大学院修士課程修了後、青木淳建築計画事務所を経て、2004年に中村竜治建築設計事務所を設立。主な仕事に、「空気のような舞台」(新国立劇場オペラ「ル・グラン・マカーブル」舞台美術)、「とうもろこし畑」(東京国立近代美術館「建築はどこにあるの?7つのインスタレーション」、「梁」(東京オペラシティ・アート・ギャラリー「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」会場構成)など。主な受賞にTHE GREAT INDOORS AWARD(NL)、JCDデザインアワード大賞など。東北大学、早稲田大学芸術学校非常勤講師を勤める。
URL:http://www.ryujinakamura.com/

PLAY JEWELLERY - WEAR ARCHITECTURE
会期:201512月12日(土)~2016年1月30日(土)
時間:12:00~19:00
会場:(PLACE) by method
住所:東京都渋谷区東1-3-1 カミニート#14
電話番号:03-6427-9296
URL:http://wearemethod.com/
※会期中、日・祝日は閉廊しておりますのでご注意下さい。
※12月26日(土)~1月6日(水)の間、冬期休業となります。

オットー・クンツリ展
会期:2015年10月10日(土)~12月27日(日)
会場:東京都庭園美術館(本館・新館)東京都港区白金台5丁目21−9
電話番号:03-3443-0201
URL:www.teien-art-museum.ne.jp/


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact