川島範久+佐藤桂火 / ARTENVARCHの空間デザインによる、六本木ヒルズ・ウェストウォークでのインスタレーション「Airy Walk」

( )

Photo at random

川島範久+佐藤桂火 / ARTENVARCHの空間デザインによる、六本木ヒルズ・ウェストウォークでのインスタレーション「Airy Walk」

architecture, feature

000A_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(1)
photo(C)Kenta Hasegawa

00A_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(3)
photo(C)Kenta Hasegawa

川島範久+佐藤桂火 / ARTENVARCHの空間デザインによる、六本木ヒルズ・ウェストウォーク2Fでのインスタレーション「Airy Walk」です。この作品は、2015年12月25日(金)まで見ることができます。詳細はこちらで

“オブジェではなく経験をつくる。”

対象として眺めるオブジェを超えて、人が中に入り込んで、見上げて、包み込まれる体験を提供する。道行く人が見上げ、経験し、一時的でも都市空間を変容させ、体験の記憶として残るような空間をつくろうと試みた。

六本木ヒルズ・ウェストウォークは24時間365日オープンしている通過動線であり、滞留空間である。オフィスワーカー、散歩する近隣住民による日常利用から、デートやショッピング、飲み会を楽しむ人による非日常的利用までが混在する空間である。

※以下の画像はクリックで拡大します

A_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(1.5)
photo(C)Kenta Hasegawa

A_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(2)
photo(C)Kenta Hasegawa

A_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(2.7)
photo(C)Kenta Hasegawa

A_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(3.5)
photo(C)Kenta Hasegawa

A_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(3.6)
photo(C)Kenta Hasegawa

B_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(1.8)
photo(C)Kenta Hasegawa

B_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(6)
photo(C)Kenta Hasegawa

B_AiryWalk_photo-by-Kenta-Hasegawa-(7)
photo(C)Kenta Hasegawa

B_photo-by-ARTENVARCH-(1)
photo(C)ARTENVARCH

B_photo-by-ARTENVARCH-(2)
photo(C)ARTENVARCH

B_photo-by-ARTENVARCH-(3)
photo(C)ARTENVARCH

D_AiryWalk_diagram-(1)

D_AiryWalk_diagram-(2)

D_AiryWalk_plan

D_AiryWalk_section

以下、建築家によるテキストです。

**********

川島範久+佐藤桂火 / ARTENVARCH が空間デザインを担当した、六本木ヒルズ・ウェストウォークで展開するインスタレーション。全長120m、高さ24mという細長い渓谷のような空間全体を使ったインスタレーションとして、クリスマスイルミネーションをデザインした。

“オブジェではなく経験をつくる。”

対象として眺めるオブジェを超えて、人が中に入り込んで、見上げて、包み込まれる体験を提供する。道行く人が見上げ、経験し、一時的でも都市空間を変容させ、体験の記憶として残るような空間をつくろうと試みた。

六本木ヒルズ・ウェストウォークは24時間365日オープンしている通過動線であり、滞留空間である。オフィスワーカー、散歩する近隣住民による日常利用から、デートやショッピング、飲み会を楽しむ人による非日常的利用までが混在する空間である。

そのような人たちが心躍らせ、体躍らせてワクワクするための仕掛けとして、直径3m、高さ4.5mの白い半透明のテキスタイルでできた上下に動く円錐をウェストウォーク全長にわたって空中に合計14個設置した。ウェストウォークは4層にわたってショップやレストランが渓谷のような吹抜けを挟んでブリッジで繋がれており、平面的に奥まで見通すことができない空間になっている。その空間特性を利用し、様々な場所や高さ、アングルから発見できる配置計画とし、奥へ奥へと人を誘導できるようにした。

円錐を形づくるテキスタイルはポリエステルのテープ刺繍による直径3~4㎝の円の集合体でできている。円錐の頂点は、プログラム制御によって約9mの高低差を上下する。床に置かれたムービングライトによる光によって染められ、館内放送をジャックした音と連動する。朝から昼まで、昼から夕方まで、夕方から夜までの3つの時間帯で、上下動・光・音の異なるパターンが用意されている。朝から昼まではゆっくりとした上下動のみとし、自然光の元で背景として馴染むように。昼から夕方にかけては、白色のみの光で照らし始め、上下動のスピードを少し上げ、夜への期待感を持たせる。夕方から夜にかけては、カラフルな照明とにぎやかな音楽によって染め、00分と30分には時報的に特別な演出をする。

上下移動し、光と音で染められる円錐は、固定したカタチを持たずに常に変化し続ける。オブジェ的でありながらも環境の一部となるような、一義的でない、様々な捉え方ができるような存在である。渓谷にかかった雲のような、宙を舞う雪のような。森のような、鍾乳洞のような。生まれては消える泡のような。自然は常に変化し続け、見ていて飽きることはない。そんな自然のような存在を目指した。

■開催情報
会 期:2015年11月18日(水)~12月25日( 金)
会 場:六本木ヒルズ ウェストウォーク 2F
主 催:森ビル株式会社
協 賛:パナソニック株式会社
クリエイションパートナー
空間デザイン: 川島 範久+ 佐藤 桂火/ ARTENVARCH(アーテンバーク)
演出・テクニカルディレクション:LUFTZUG(ルフトツーク)
クリエイティブディレクション:亀田和彦/シナプティックデザインズ
テキスタイルデザイン:安東陽子
サウンドデザイン:WHITELIGHT
プロジェクトマネジメント:岡村滝尾(オカムラ&カンパニー)+藤井さゆり
照明:DOTWORKS
施工:Waki Process
official site : http://www.roppongihills.com/christmas/2015/illumination/airywalk/
動画:https://www.youtube.com/channel/UCmKxXy0LfNjiNV73VT_oSlQ


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact