中村竜治建築設計事務所が展示空間を担当した、東京・銀座の資生堂ギャラリーでの展覧会「BEAUTY CROSSING GINZA」の会場写真

( )

Photo at random

中村竜治建築設計事務所が展示空間を担当した、東京・銀座の資生堂ギャラリーでの展覧会「BEAUTY CROSSING GINZA」の会場写真

architecture, feature

shiseido01
all photos(C)中村竜治建築設計事務所

中村竜治建築設計事務所が展示空間を担当した、東京・銀座の資生堂ギャラリーでの展覧会「BEAUTY CROSSING GINZA」の会場写真です。中村竜治が名付けた作品名は「コラージュ」です。
この展覧会の会期は、2016年1月8日(金)〜2016年1月28日(木)。詳細はこちらで

資生堂の起業展のための空間である。掛川の資料館にアーカイブされている過去の商品や広告物の一部を発祥の地である銀座の当時の資料などと重ね合わせながら振り返ると同時に、これからの資生堂を表現するという内容である。過去の広告資料に使われていたコラージュ(既存のイメージを組合わせ異なる新しいイメージをつくりだす)という手法をモチーフに展示を構成するという資生堂によるディレクションのもと、展示方法や空間を考えた。

※以下の写真はクリックで拡大します

shiseido02

shiseido03

shiseido04

shiseido05

shiseido06

shiseido07

shiseido08

shiseido09

shiseido10

shiseido11

shiseido12

shiseido13

shiseido14

shiseido15

shiseido16

shiseido17

shiseido18

shiseido19

以下、建築家によるテキストです。

************

資生堂の起業展のための空間である。掛川の資料館にアーカイブされている過去の商品や広告物の一部を発祥の地である銀座の当時の資料などと重ね合わせながら振り返ると同時に、これからの資生堂を表現するという内容である。過去の広告資料に使われていたコラージュ(既存のイメージを組合わせ異なる新しいイメージをつくりだす)という手法をモチーフに展示を構成するという資生堂によるディレクションのもと、展示方法や空間を考えた。
展示物は、透明なケースが必要な大小様々な平面や立体であったため、ケースを展示台としても利用し、それらを積み上げながらその中に展示物を置いて行くという方法をとった。これにより、平面も立体もいっしょくたに重なりながら、上から下までを関連を持った一つのまとまりとして見ることができる言わば空間的なコラージュとなっている。ケースの積層の山は9つあり、年代などによりカテゴライズされているが、それらを横から透かして見ることで、展示意図とはまた異なったイメージを鑑賞者が新たにつくりだすこともできる。また、ショーウィンドーやビルの連なりとして、銀座を空間的にも感じられるようになっている。

■建築概要
タイトル:コラージュ
用途:展示空間
展覧会名:BEAUTY CROSSING GINZA
会場:資生堂ギャラリー 東京都中央区銀座8-8-3東京銀座資生堂ビル地下1階 〒104-0041
展覧会会期:2016年1月8日(金)〜2016年1月28日(木)
主催:資生堂
ディレクション:資生堂
空間設計:中村竜治建築設計事務所
施工:東京スタデオ
床面積:161.28m2
素材:アクリルt3mm、t5mm、t6mm、t8mm


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact