大松俊紀 / 大松俊紀アトリエによる、神奈川県鎌倉市の住宅「四本柱建物」

( )

Photo at random

大松俊紀 / 大松俊紀アトリエによる、神奈川県鎌倉市の住宅「四本柱建物」

architecture, feature

yonhonbashira00
all photos(C)淺川敏

大松俊紀 / 大松俊紀アトリエが設計した、神奈川県鎌倉市の住宅「四本柱建物」です。

 まず大地に四本の柱を立てることを決めた。最初に住宅の中心的な架構をつくり、そこを起点に住まいを構成していく。必ずしも住宅に象徴的な中心の場を作ることではなく、概念的な“中心”を内包した住宅のつくり方である。そしてこれは、旧広瀬家住宅のように甲府盆地東部に古くから見られる民家形式「四つ建て」に繋がる。更に古くは、竪穴式住居の四本の柱にも繋がると考える。その意味でも、この形式は、住宅建築の原型を表していると言えるだろう。

※以下の写真はクリックで拡大します

yonhonbashira01

yonhonbashira02

yonhonbashira03

yonhonbashira04

yonhonbashira05

yonhonbashira06

yonhonbashira07

yonhonbashira08

yonhonbashira09

yonhonbashira11

yonhonbashira12

yonhonbashira13

yonhonbashira14

yonhonbashira15

yonhonbashira16

yonhonbashira17

yonhonbashira18

yonhonbashira19

以下、建築家によるテキストです。

***********

 まず大地に四本の柱を立てることを決めた。最初に住宅の中心的な架構をつくり、そこを起点に住まいを構成していく。必ずしも住宅に象徴的な中心の場を作ることではなく、概念的な“中心”を内包した住宅のつくり方である。そしてこれは、旧広瀬家住宅のように甲府盆地東部に古くから見られる民家形式「四つ建て」に繋がる。更に古くは、竪穴式住居の四本の柱にも繋がると考える。その意味でも、この形式は、住宅建築の原型を表していると言えるだろう。
 柱というものがどのように人間の生活に影響を及ぼすであろうか?その思いは、合理的な配置や寸法だけで決められていく現代の構造(柱)の在り方への疑問からも浮かび上がった。合理的に計算すれば、柱の太さは通常の105角で済んだであろう。だが、私は直径400を超える荒々しい杉丸太を選んだ。
もちろん、ただ非合理的な構造形式を採用したいという訳ではない。“合理と非合理の間“に漂い続ける我々人間のための空間がつくれないかと常々思う。
 現実と非現実(虚構)が境なく語られてしまう現代だからこそ、人間はある意味、虚構とも呼べる世界(都市)の中に、実りある現実の精神世界(住宅)を築こうとするのだ。この住宅は、白く抽象化された空間 (非現実)と生々しく荒々しい具象的事物(現実)の衝突の場でもあった。
 四本の柱は、家族の精神的な支えである。たとえこの住宅が朽ち果てたとしても、四本の柱だけは永遠にそこに残るであろう。
(「住宅建築2016年4月号より」)

■建築概要
物件名:四本柱建物
所在地:神奈川県鎌倉市
主要用途:専用住宅
工事種別:新築
建築設計理:大松俊紀/ 大松俊紀アトリエ
構造設計:鈴木啓/ASA(担当:金田泰裕)
施工:成幸建設
構造:木造軸組工法
階数:地上 2 階
敷地面積:109.73m2
建築面積:43.74m2
延床面積:87.48m2
竣工:2009 年 10 月
写真:淺川敏


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact