矢橋徹建築設計事務所による、熊本の、既存テラスを開かれた場に改修するプロジェクト「若葉の舞台」

( )

Photo at random

矢橋徹建築設計事務所による、熊本の、既存テラスを開かれた場に改修するプロジェクト「若葉の舞台」

architecture, feature

wakaba01d
写真提供:矢橋徹建築設計事務所

矢橋徹建築設計事務所が設計を手掛けた、熊本の、既存テラスを開かれた場に改修するプロジェクト「若葉の舞台」です。

敷地は熊本市中心部から少し離れた親水公園・江津湖公園と築30年ほどが経過している住宅が立ち並ぶ住宅地、それと美しい稲穂が広がる田畑、この3つの結節点となる場所にある。敷地には施主の経営する店舗があり、その店舗に付属している使われなくなったテラスを何か地域に開かれた場所として活用できないかとの依頼を受けて始まった。

※以下の写真はクリックで拡大します

wakaba02d

wakaba03d

wakaba04d

wakaba05

以下、建築家によるテキストです。

**********

敷地は熊本市中心部から少し離れた親水公園・江津湖公園と築30年ほどが経過している住宅が立ち並ぶ住宅地、それと美しい稲穂が広がる田畑、この3つの結節点となる場所にある。敷地には施主の経営する店舗があり、その店舗に付属している使われなくなったテラスを何か地域に開かれた場所として活用できないかとの依頼を受けて始まった。
まずそのテラスの置かれている地形的特徴に注目した。レベルの異なる歩道が奈落のような谷を形成している特徴があり、テラスの下部は既存の鉄筋コンクリートで作られたガレージがテラスを支えている。形式として外に開かれているはずのテラスはこの地形的特徴が強固な境界として存在しているため街との接続を絶たれた状態にある。しかしこの地形的特徴を生かす場所の在り方を提案することで境界を不明瞭にし街とテラスを新たな関係で結ぶことを目指した。
軽い鉄骨のフレームにイベント時に変更が可能な屋根が掛かった構造とし、白い鉄骨フレームと既存のRCの構成はガードレールの構成と親和性をもつデザインとなっており、街のエレメントとの一部として視覚的な連続性を持つように設計している。屋根はイベントに向けてカテナリー曲線をもった柔らかい屋根に架け替えられ、街に賑わいを知らせるサーカスの設営に似た効果を持つことを目的としている。
歩道を客席と見立て、奈落を介してライブイベントや催しを体験できる街の舞台のような新しい関係性をもった場所に生まれ変わることを期待している。

■建築概要
場所:熊本県熊本市東区若葉
建築面積:25.56㎡
延床面積:25.56㎡
竣工:2016年8月
規模:(既存)鉄筋コンクリート造、鉄骨造
施工:南鉄工所
撮影:矢橋徹建築設計事務所


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact