江藤健太アトリエによる、大分県大分市の住宅「王子の家」

( )

Photo at random

江藤健太アトリエによる、大分県大分市の住宅「王子の家」

architecture, feature

oujinoie-01
all photos(C)矢野紀行

江藤健太アトリエが設計した、大分県大分市の住宅「王子の家」です。

敷地は大分県大分市中心部より少し離れた高台下の低地にあり、周辺には戸建て住宅や公共建築物が密集している地域であった。敷地の前面には、Y字状に枝分かれする4m道路があり、この西側と東側へ分かれる道は、敷地形状にも影響を与えていた。狭い道路でありながら交通量も多い道路、東西に密集した住宅や公共建築の存在、そのような谷の挟間のような周辺環境下での生活を考慮しなくてはならなかった。

※以下の写真はクリックで拡大します

oujinoie-02

oujinoie-03

oujinoie-04

oujinoie-05

oujinoie-06

oujinoie-07

oujinoie-08

oujinoie-09

oujinoie-23-haichi

oujinoie-20-heimen

oujinoie-21-section

以下、建築家によるテキストです。

***********

王子の家

周辺環境との関係から、外壁を鋭角に切り落とし、植物で柔らかく地域との境を繋げた住宅。

敷地は大分県大分市中心部より少し離れた高台下の低地にあり、周辺には戸建て住宅や公共建築物が密集している地域であった。敷地の前面には、Y字状に枝分かれする4m道路があり、この西側と東側へ分かれる道は、敷地形状にも影響を与えていた。狭い道路でありながら交通量も多い道路、東西に密集した住宅や公共建築の存在、そのような谷の挟間のような周辺環境下での生活を考慮しなくてはならなかった。プランは、プライバシーを考慮して、パブリックゾーンとなるリビングや水廻りを2階に配し、プライベートな寝室関連を1階部分に配置している。また、防犯性の面から1階の開口部を最小限に留めている。この基本的なプラン構成に対し、付加したい豊かな外部要素となる、開放性・採光・通風・借景などの条件を整理していった。西側は、隣家が道路を挟んで近いため、高台の山桜が見える高さまで壁を立ち上げた。東側は、敷地に沿って80㎝ほど下る道路となり、公共建築との境には桜が連なるため、2階のリビングの眼下より桜を楽しめる位置に開口を設けた。真南の採光は、住宅の存在しないY字道路コーナー正面側より取入れる事が可能な事から、バッファゾーンとして中庭を挟む事で、内部空間に光と風を送り込むとともに、建物と周辺環境(地域)とを柔らかく繋ぐために、境界に樹木を配した。この場合の樹木とは、従来の植栽としての役割というよりは、建物の一部として外観の表情を作り出すような格子などの要素や目隠しとして存在に変換したものである。

そうする事で、周辺環境から鋭角に切り落とされた表情をもつこの建物は、樹木の動きや成長とともに表情を変え、周辺環境(地域)と柔らかく繋がる。内部空間は眼下に中庭の樹木や桜を借景として挟み込んだ豊かな空間となる。

■建築概要
設計:江藤健太アトリエ
構造:黒岩構造設計事ム所
場所:大分県大分市
建築面積:57.09㎡
延床面積:105.16㎡
竣工:2016年5月
規模:木造 2階建て
施工:光綜合工業㈱
撮影:矢野紀行


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact