エマニュエル・ムホーによる国立新美術館でのインスタレーション「数字の森」

( )

Photo at random

エマニュエル・ムホーによる国立新美術館でのインスタレーション「数字の森」

architecture, feature

100_18_Numbers_003

エマニュエル・ムホーによる国立新美術館でのインスタレーション「数字の森」です。

国立新美術館は2017年1月に開館10周年を迎え、これを記念した「開館10周年記念ウィーク」を実施。これまでの10年の活動を紹介する会場を、これからの10年の未来を表現した巨大インスタレーション「数字の森」で彩り、100色シリーズの新作として発表した。開館以来初めて仕切り壁を一切使わず、2,000m2あるホワイト・キューブに100色の層を重ね、自身最大規模のインスタレーションとなる色彩と空間を融合させた壮大な作品。

※以下の写真はクリックで拡大します

100_18_Numbers_005

100_18_Numbers_007

100_18_Numbers_009

100_18_Numbers_012

100_18_Numbers_016

100_18_Numbers_017

100_18_Numbers_018

100_18_Numbers_022

100_18_Numbers_031

以下、プロジェクトに関するテキストです。

**********

国立新美術館は2017年1月に開館10周年を迎え、これを記念した「開館10周年記念ウィーク」を実施。これまでの10年の活動を紹介する会場を、これからの10年の未来を表現した巨大インスタレーション「数字の森」で彩り、100色シリーズの新作として発表した。開館以来初めて仕切り壁を一切使わず、2,000m2あるホワイト・キューブに100色の層を重ね、自身最大規模のインスタレーションとなる色彩と空間を融合させた壮大な作品。

2017年から2026年までの未来の10年間を視覚化した「数字の森」。60,000ピース以上にも及ぶ西暦を表した数字「0」から「9」を規則正しく3次元のグリッド上に整列させた。このインスタレーションは、空間を10層に分けて構成しており、それぞれの層は1年を象徴する。正面から2017年の2,0,1,7の4つの数字がランダムに並び、2,0,1,8、2,0,1,9・・・と時のレイヤーを100色で彩る。
そして来館者はインスタレーションを切り抜いたトンネルの中に入ると、無限に広がる数字の森へ引き込まれ、森の中でカラフルな時の散歩を楽しむことができる。森の中には女の子2人と猫1匹が「迷子」になっており、来館者に探してもらう遊び心も盛り込んだ。
インスタレーション両端の壁には、「数字の森」に呼応するように過去10年間の展示ポスター、そして反対側の壁には未来10年を白い数字でシンプルに表現されている。
今回のインスタレーションは、国立新美術館としては異例の撮影可能とし、様々なメディアやSNSで紹介されたことによりたくさんの人々へと広まった。300人ものボランティアの協力を得て創り上げられたこのインスタレーションは、20,000人以上の来館者の心を躍らせた。

展覧会名:NACT Colors ─ 国立新美術館の活動紹介


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact