園田慎二 / SSAによる、東京都渋谷区神宮前のメゾネット形式の集合住宅の2室の改修「原宿セカンドハウス」

( )

Photo at random

園田慎二 / SSAによる、東京都渋谷区神宮前のメゾネット形式の集合住宅の2室の改修「原宿セカンドハウス」

architecture, feature

1A_009A3026
上部屋

1B_009A3239
下部屋 all photos(C)広川智基

園田慎二 / SSAによる、東京都渋谷区神宮前のメゾネット形式の集合住宅の2室の改修「原宿セカンドハウス」です。

原宿にあるメゾネット形式の集合住宅の2室の改修。2室は、上下階、南北面に分かれ、且つ、上の部屋は来客や会議に、下の部屋はより日常的な利用を想定しています。この2室の間の性質の違いを手掛かりに、相対的なデザインを紡ぎ出していくことを考えました。

※以下の写真はクリックで拡大します

2A_009A3147
上部屋

2B_009A3241
下部屋

3A_009A3095
上部屋

3B_009A3289
下部屋

4A_009A3137
上部屋

4B_009A3301
下部屋

5A_009A3165
上部屋

5B_009A3316
下部屋

6A_009A3193
上部屋

6B_009A3355
下部屋

7A_009A3200
上部屋

7B_009A3392
下部屋

以下、建築家によるテキストです。

***********

原宿にあるメゾネット形式の集合住宅の2室の改修。2室は、上下階、南北面に分かれ、且つ、上の部屋は来客や会議に、下の部屋はより日常的な利用を想定しています。この2室の間の性質の違いを手掛かりに、相対的なデザインを紡ぎ出していくことを考えました。

南面した上の部屋は、天井、壁に艶や硬度の異なる白い面材を配置し、且つそれら取り合いを隙間なく納め、明るさが広がる部屋としました。北面した下の部屋は、天井、壁、梁との仕上面の取り合いに隙間を設け、またアウトセット引戸や、家具・植栽を所々に配置することで、落ち着いた光が物と物との間に静かな影をつくるようにしました。

併せて、木と金属というマテリアルの、2室での配置、配合に違いをつけました。上の階は、ホワイトアウトした壁・天井に対する重力として、色味豊かなフローリングを敷き、且つ窓側のキャビネットを鉄板で覆うことで、部屋の重心を低くしました。下の階は、逆に濃い木質仕上げを散在させ、鉄材や真鍮を局所的にあしらうことで、素材感が、家具や植栽と相まって、部屋の中でばらけるようにしました。

一方で、この建物全体の特徴として、グリッド状の柱梁の構造体に対して、雁行して連なる角度の振れた窓があります。この角度のデザインを、異なる2室をさりげなく繋ぎとめる手がかりとなるように、マテリアルの定着のさせ方へ適用しました。フローリングを、柱梁に対して斜めに、角度の振れた窓に対しては直交する方向に張りました。また本棚の側板や扉の竪框、キャビネットの把手らを、その角度に合わせて面取をしています。

■建築概要
計画種別:インテリアの改修
用途:住居兼事務所
設計期間:2016年4月~2016年6月
施工期間:2016年6月~2016年7月
計画面積:80㎡
計画地:東京都渋谷区神宮前
改修設計:園田慎二(SSA)
プロデュース:rewrite_U
施工:白川建設
家具制作(本棚、テーブル):ニュウファニチャーワークス
撮影:広川智基


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact