+ticの設計施工による、連結式移動建築「cube」

( )

Photo at random

+ticの設計施工による、連結式移動建築「cube」

architecture, feature

cube_000

cube_001
写真提供:+tic

+ticの設計施工による、連結式移動建築「cube」です。

一辺2,300mmの立方体をモジュールとした連結式移動建築。計画地は、地方市街地の立体駐車場上層階で、郊外大型SCの台頭などによって生まれた街中の空洞部である。路面ではなく使用頻度も低いネガティブな与条件を、市街地の中心に位置する車でアクセス可能な広大な敷地として捉え直すことで、SCや小売店の商業地と異なる実験的な場をまちに生み出すことを試みている。

※以下の写真はクリックで拡大します

cube_002

cube_003

cube_004

cube_005

cube_006

cube_007

cube_008

cube_009

cube_010

cube_011

cube_012

cube_014

cube_015

cube_016

cube_017

cube_018-gifanime

cube_019-diagram

以下、建築家によるテキストです。

**********

一辺2,300mmの立方体をモジュールとした連結式移動建築。計画地は、地方市街地の立体駐車場上層階で、郊外大型SCの台頭などによって生まれた街中の空洞部である。路面ではなく使用頻度も低いネガティブな与条件を、市街地の中心に位置する車でアクセス可能な広大な敷地として捉え直すことで、SCや小売店の商業地と異なる実験的な場をまちに生み出すことを試みている。 基本ユニットは木とスチールの混構造フレームで成立する。車両に見立てられたユニットは車輪を備えた可動式とし、複数台連結することでプログラムに応じた床面積を展開する。壁面二面には木製サッシとテラスによって、外部空間としての駐車場へ開く仕組みを持たせ、残り二面はスチールアングルで構成され、簡易に連結と壁面の増設が可能なものとした。入居者の増減と車両や人の往来に対応するフレキシブルな形式を、フレームの差異と立方体モジュールによって操作している。
縮退する市街地における建築を、固定された箱物ではない即興的かつ即物的な設えをした枠組みによって応答している。立体駐車場という生み出されてしまった空洞をのりしろに、まちとの新たな関係性を舞台装置のような建築によって演出されることを目指した。

■建築概要
題名:cube
計画地:静岡県浜松市中区田町 万年橋パークビル 7F
建築面積:5.3m2(ユニット1台)
設計施工:+tic
監修:彌田徹(彌田徹建築事務所)
建具工事:大森 皓太
竣工:2017年4月


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact