藤田雄介 / Camp Design inc.+須藤剛建築設計事務所による、神奈川・港北の住宅「井桁の間」

( )

Photo at random

藤田雄介 / Camp Design inc.+須藤剛建築設計事務所による、神奈川・港北の住宅「井桁の間」

architecture, feature

igeta00
all photos(C)長谷川健太

藤田雄介 / Camp Design inc.須藤剛建築設計事務所が設計した、神奈川・港北の住宅「井桁の間」です。

木造3階建て住宅が建てられる条件は、敷地は違えど共通している部分が多い。防火指定・高度斜線などの集団規定や相続の問題から、細分化された狭小ないしは旗竿敷地に、内外ともに窮屈ながら建てられているケースが大勢である。そうして、場所は違えど似たような建ち方をしながら、郊外住宅地に均質な風景をつくりだしている。
この住宅は、木造3階建てが生まれるコンテクストを分析し抽象化しながら、新たなプロトタイプを目指したものである。

※以下の写真はクリックで拡大します

igeta01

igeta03

igeta04

igeta05-gif

igeta06

igeta07

igeta08

igeta09

igeta10

igeta11

igeta12

igeta13

igeta14_zumen

以下、建築家によるテキストです。

**********

井桁梁とモジュール建具による、木造3階建てプロトタイプ住宅

木造3階建て住宅が建てられる条件は、敷地は違えど共通している部分が多い。防火指定・高度斜線などの集団規定や相続の問題から、細分化された狭小ないしは旗竿敷地に、内外ともに窮屈ながら建てられているケースが大勢である。そうして、場所は違えど似たような建ち方をしながら、郊外住宅地に均質な風景をつくりだしている。
この住宅は、木造3階建てが生まれるコンテクストを分析し抽象化しながら、新たなプロトタイプを目指したものである。まず燃え代設計を用いて現しにした井桁梁により、大きなワンルームをつくり室内の気積を充実させている。桁間には、吹き抜けやトップライトや光床を設けており、鰻の寝床のような内部に通風・採光を取り込んでいる。そして井桁梁は、そのほとんどが建具の鴨居になっている。同モジュールの建具を入れ替えることができ、生活や家族構成の変化などに合わせて、構成を変えることができるようになっている。この可変的な建具は、部屋として仕切るだけでなく収納や小部屋もつくることが可能で、絶えず変化する住まい方に寄り添う家具的な存在にもなる。
木造3階建てに孕む諸問題に対して、井桁梁とモジュール化した建具という2つの手法を用いることで、光と風が抜けフレキシビリティを持ったものへ変換し、一つのプロトタイプとして汎用性を持った住宅になるのではないかと考えている。

■建築概要
建築面積:31.32㎡
延床面積:92.34㎡
設計期間:2015年9月-2016年3月
施工期間:2016年4月-2016年9月
設計:藤田雄介 / Camp Design inc.+須藤剛建築設計事務所
構造:金田泰裕 / yasuhirokaneda STRUCTURE
施工:Cuestudio /バレッグス
建具:三村悠 / retour
写真:長谷川健太


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact