中本尋之 / fathomによる、広島・呉の、3つの飲食店とゲストハウスの複合施設「官有0番山崎家 / HATAGO FLAGS」

( )

Photo at random

中本尋之 / fathomによる、広島・呉の、3つの飲食店とゲストハウスの複合施設「官有0番山崎家 / HATAGO FLAGS」

architecture, feature

all photos©足袋井竜也 足袋井写真事務所

中本尋之 / fathomによる、広島・呉の、3つの飲食店とゲストハウスの複合施設「官有0番山崎家 / HATAGO FLAGS」です。

広島県呉駅の横に昔から在る横長な2階建ての建築物 元々は弁当屋だったが駅横という好立地を生かし朝から夜まで建物に光が灯ってほしいとのオーナーの願いから今回のプロジェクトが始まった。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

**********

官有0番山崎家/HATAGO FLAGS

広島県呉駅の横に昔から在る横長な2階建ての建築物 元々は弁当屋だったが駅横という好立地を生かし朝から夜まで建物に光が灯ってほしいとのオーナーの願いから今回のプロジェクトが始まった。

1階は既存の山崎家弁当部に加え、あらたにコーヒースタンドとおばんざい居酒屋が入る。

この新たな二つの店舗は一つの空間で席を共有するためコーヒースタンドのキッチンをインショップのように独立させた形で配置した。既存天井下地や鉄骨の柱、梁をあえてあらわすことで広く無作為な空間を演出し、モルタルと木材を用いコーヒースタンドから居酒屋のカウンターに近づくほど人の手が入った温もりを伝わるように同素材を少しずつマテリアルの荒さを変えて用いることで各店舗の独立感と一体感が同時に感じられる空間に仕上げた。

1階の真ん中の暖簾をくぐって階段を上がれば右側にゲストハウス左側に誰でも自由に使えるコミュニティスペースがあらわれる。2階の建物を横断していた窓際の縁側は各ドミトリーやコミュニテイスペースによって縦に分断され各々窓の下端にカウンターを取り付けることで新たな人々とのつながり=縁を生み出すように考えた。コミュニテイスペースの既存建具には地元の画家によって描かれた呉の町の風景が描かれている。2階部分の外壁を漆喰ですっきりまとめることにより外からは既存の古い壁が白い新しいソリッドな壁で囲われることで新たな対比を生み、ここにしかない景色を作り上げている。2階をソリッドに仕上げることで1階は各店舗の個性が際立ったファサードを作りこむことが可能となった。どこを切り取っても自分の居場所を見つけることができる新しい呉散策のカタチをこの場所から発信できればと考える。

■建築概要
名称:官有0番山崎家/HATAGO FLAGS
計画地:広島県呉市
設計/ロゴデザイン(山崎家):fathom 中本尋之
ロゴデザイン(HATAGO FLAGS):guide 久保章
施工:1F/ファサード 石田建築
   2F/1F(coffee stand) 松原ハウジング
竣工年:2018年2月
建築面積:396.0㎡(1F及び2F)
用途:飲食店(コーヒースタンド、居酒屋、弁当屋)ゲストハウス
写真:足袋井竜也 足袋井写真事務所


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact