藤原・室 建築設計事務所による、大阪・豊中市の住宅「豊中の家」

( )

Photo at random

藤原・室 建築設計事務所による、大阪・豊中市の住宅「豊中の家」

architecture, feature

all photos©平桂弥

藤原・室 建築設計事務所が設計した、大阪・豊中市の住宅「豊中の家」です。

敷地は大阪北部の住宅地にあります。
敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。
また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。

そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。

建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、
それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。
開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。

※以下の写真はクリックで拡大します

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

photo©平桂弥

image corstry of 藤原・室 建築設計事務所

以下、建築家によるテキストです。

**************

敷地は大阪北部の住宅地にあります。
敷地周辺は住宅ばかりで特に際立った景色はありません。
また、住宅が隣接することから、如何にしてプライバシーを保つかも大きな課題でした。

そこで、この家では窓など大きな開口部を設けず、 外部に対して閉じることで得られる空間の豊かさを追求することとしました。

建物は1つの大きな塊を3つの箱に分割したような形状とし、
それぞれの箱の隙間を開口部とし、通風や採光、視線の抜けに用いました。
開口部が小さいからこそ、ふと見上げた時に見える空や近隣の街並みが印象的に映ります。 また、そこから差し込む光は非常に印象的で、日の光が時間の経過とともに刻々と移り行く様を 改めて気付かせる装置にもなっています。

建物を構成する3つの箱は、それぞれ外壁の素材や仕上げを変えることで、視覚的にも
建物の構成がわかりやすくなるようにしています。

LDKには上下を貫通する光庭が貫入しています。この光庭は雨仕舞はしてあるものの、
外気は通る空間となっており、内部的な外部としてLDKに光と外気を導く装置にもなっています。
この光庭に落ちた光は、床のガラスを通じて1階のガレージまで届くようになっており、 箱と箱の間の隙間だけでは足りない光量を補うとともに、
LDKに半屋外的な空間を設けることで外部に閉じた空間だが閉塞感のない空間を実現しています。

■建築概要
建築名:豊中の家
設計事務所:藤原・室 建築設計事務所
主幹設計士:藤原慎太郎・室喜夫
場所:大阪府豊中市
竣工年:2018
用途(家族構成):専用住宅(夫婦)
敷地面積:95.60㎡(28.92坪)
建築面積:53.42㎡(16.16坪)
延床面積:107.62㎡(32.56坪)
階数:2
構造:木造
写真クレジット:平桂弥


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact