山下大輔による「波板の家」を、山岸剛の写真と超大判図面等で伝える書籍『住宅設計ドローイング BIG ARCHITECTURE BOOK 波板の家』のプレビュー

( )

Photo at random

山下大輔による「波板の家」を、山岸剛の写真と超大判図面等で伝える書籍『住宅設計ドローイング BIG ARCHITECTURE BOOK 波板の家』のプレビュー

architecture, book, feature

all images corstry of オーム社

山下大輔による「波板の家」を、山岸剛の写真と超大判図面等で伝える書籍『住宅設計ドローイング BIG ARCHITECTURE BOOK 波板の家』をプレビューします。
「波板の家」は過去にアーキテクチャーフォトでも特集記事として紹介しています。

ひとつの小さな住宅を一冊にまとめた作品集です。本のヴォリュームはコンパクトながら、A0サイズの大きなドローイングや様々な種類の図面・詳細図と共に、撮り下ろしを含む山岸剛氏による美しい写真にて「Corrugated-Sheet House 波板の家」を多角的にご紹介いたします。
それは何かカタログのような、はたまた図面集でもあり写真集でもあるような不思議な本となったのではないか、と思います。

 
以下は出版社による内容紹介です。

 
実体験に近いかたちで、建築空間を想像できる! A0サイズの超大判図面付き!
建築の学生やこれから設計者になろうという人にとって、S=1/100の平面図・立面図、S=1/50の断面図などには馴染みがありますが、S=1/5や1/10程度で表現されるディテール図などはおよそ理解が及ばないものです。図面(建築)をよりよく理解するためには、断面図や平面図をディテール図とリンクさせて見る能力は欠かせません。
それであれば、「断面図のスケールをA0サイズまで大きくしてディテールまで兼ねた超大判図面があれば、図面の分かりにくさは解消できるのではないか……」。そんな発想をもとに生まれたのが本書となります。
対象となるのは建築家・山下大輔による「波板の家」(2017)。約8.2mキューブのきわめてシンプルなヴォリュームをもつ住宅です。外部のみならず、内部の豊かな空間まであますことなく伝えるため、写真家・山岸剛さんによる写真で構成されています。

※以下の写真はクリックで拡大します

著者略歴
山下大輔(やましただいすけ)
建築家。1976年東京都生まれ、石川県金沢市育ち。
2000年早稲田大学理工学部材料工学科卒業。2001年早稲田大学芸術学校建築設計科卒業。2001 ~ 2012年鈴木了二建築計画事務所勤務。2007 ~ 2012年早稲田大学芸術学校客員講師、2012年~同校非常勤講師。2012年山下大輔建築設計事務所設立。「波板の家」で平成30年日本建築士会連合会賞奨励賞を受賞。

山岸剛(やまぎしたけし)
写真家。1976年横浜市生まれ。
1998年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。2001年早稲田大学芸術学校空間映像科卒業。
人工性の結晶としての「建築」と、それが対峙する「自然」との力関係を主題とするものとしての「建築写真」を制作する。著書に「Tohoku Lost,Left,Found 山岸剛写真集」(LIXIL出版,2019)など。

造本デザイン
寺山祐策(寺山祐策事務所)

画像調整
小林則雄(ノアーズグラフィック)

■amazonリンク

住宅設計ドローイング BIG ARCHITECTURE BOOK 波板の家
本ページ数:60ページ(片観音ページ2組含む)
判型:A4判 無線PUR製本
付録:大判図面折込(全一枚)
用紙:A0サイズ変形(821mm×1169mm)
透明袋入り 本+付録 シール有り


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact