二俣公一 / ケース・リアルによる、福岡の「太宰府天満宮 天開稲荷社・竈門神社授与所改修計画」

( )

Photo at random

二俣公一 / ケース・リアルによる、福岡の「太宰府天満宮 天開稲荷社・竈門神社授与所改修計画」

architecture, feature

all photos©水崎浩志

二俣公一 / ケース・リアルが設計した、福岡の「太宰府天満宮 天開稲荷社・竈門神社授与所改修計画」です。

福岡県太宰府市にある太宰府天満宮。

御本殿への入り口である楼門の両側には、境内の北東に位置する天開稲荷社と、天満宮からさらに北東の山手側に位置する宝満宮竈門神社の出張授与所が設けられている。

それぞれの神社には縁の深い色があり、天開稲荷社は「五穀豊穣や商業繁栄の神様」とされることから稲穂の黄金色のイメージを、一方古くから「縁結びの神様」として広く信仰されてきた竈門神社は、その御神紋である桜が毎年境内に咲き誇ることから桜色のイメージを大切にしている。

※以下の写真はクリックで拡大します

以下、建築家によるテキストです。

***********

福岡県太宰府市にある太宰府天満宮。

御本殿への入り口である楼門の両側には、境内の北東に位置する天開稲荷社と、天満宮からさらに北東の山手側に位置する宝満宮竈門神社の出張授与所が設けられている。

それぞれの神社には縁の深い色があり、天開稲荷社は「五穀豊穣や商業繁栄の神様」とされることから稲穂の黄金色のイメージを、一方古くから「縁結びの神様」として広く信仰されてきた竈門神社は、その御神紋である桜が毎年境内に咲き誇ることから桜色のイメージを大切にしている。

これを受け私たちは、授与所の改修を計画するうえで既存の木造建屋に馴染むことを意識しながらも、それぞれの神社に縁のある色を表現出来る空間を考えることにした。

素材として用いたのは、各色に適した石を混ぜ込み製作した大判のテラゾータイル。

これを授与品を置くためのカウンターや背面の壁全面に用い、黄金色と桜色それぞれのタイルで組み上げることで、手法や構成は同一ながらも個々の気配を表した。

さらに背面には授与品を展示するための真鍮の可動システムを製作。檜で出来た授与品箱と合わせて、祭事毎に展示に変化をつけられるようにした。

■建築概要
クライアント:太宰府天満宮
計画種別:改修
用途:授与所
計画期間:2018年5月~2018年12月
計画面積:18.46平米
計画地:福岡県太宰府市
設計:ケース・リアル 二俣公一 下平康一 古里さなえ
施工:オブ
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
撮影:水崎浩志


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact