Fit建築設計事務所による東京の住宅「スキップフロアハウス」

( )

Photo at random

Fit建築設計事務所による東京の住宅「スキップフロアハウス」

architecture, feature

fit-sama-07.jpg

Fit建築設計事務所が設計した東京の住宅「スキップフロアハウス」です。


fit-sama-01.jpg
fit-sama-02.jpg
fit-sama-03.jpg
fit-sama-04.jpg
fit-sama-05.jpg
fit-sama-06.jpg
fit-sama-08.jpg
fit-sama-09.jpg
fit-sama-10.jpg
fit-sama-11.jpg
fit-sama-12.jpg
fit-sama-13.jpg
fit-sama-14.jpg
fit-sama-15.jpg
fit-sama-16.jpg
fit-sama-17.jpg
fit-sama-18.jpg
fit-sama-19.jpg
fit-sama-20.jpg
fit-sama-21.jpg
fit-sama-22.jpg
fit-sama-23.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
「スキップフロアハウス」 
スキップフロアを駆使した住宅である。
敷地は北面で接道し、3方が家屋に囲われているが、南東の方向にのみ開けている。その土地の特性を最大限活かすことが、この計画のテーマである。
そのテーマに対して、建物を2つのボリュームに分けて、それらをずらすことによって解決を試みた。2つのボリュームは、南東からの光を室内になるべく多く導入するために、南北にずらして配置され、また、それら2つのうち、西側のボリュームについては、床を持ち上げることによって、南東からの光をさらに多く室内に取り入れられるよう、配慮している。
2つのボリュームの間に生じた、この3次元的な「ズレ」は、すまいの中に縦方向の空間のつながりを形成し、すまい全体の一体感をもたらしている。
室内の床や天井には、タモの無垢材を多用し、空間の一体感を演出するとともに、経年変化を楽しんでいただけるよう心掛けた。室内の壁に関しては、手仕事によるモノづくりの美しさを追求するために、ビニルクロスではなく、塗装仕上げとした。キッチンは、ステンレス天板とタモの組み合わせによる、オーダーキッチンとした。ダイニングテーブルも、タモのハギ合わせ材を天板に使用した特注品とし、ホンモノの材料が持つ独特の存在感が空間に彩を添えている。
外壁は、ここでも手仕事の美しさを追求するために、ガルバリウムの板金材を採用している。建具には、ステンレス材を使用し、意匠性とともに、メンテナンスの軽減を図っている。
■建築概要
所在地:東京都中野区
敷地面積:143.95㎡(建蔽率40%・容積率80%)
延床面積:111.18㎡
構造規模:木造2階建て
竣工年:2012 年9 月
施工者:㈱匠陽


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact