Photo at random

Topics

【ap job更新】 中国北京で活動する「MAD Architects」が、シニアアーキテクトを募集中

architecture, job

Absolute Tower_Iwan Baan

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

中国北京で活動する「MAD Architects」の、シニアアーキテクト募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

中国北京で活動するMAD Architectsは4人のシニアアーキテクトを募集します。能力や経験に応じて下記の3つの主な役割に分けて採用します。


山口陽登 / シイナリ建築設計事務所による、奈良の「鳥見町の住宅」

architecture, feature

photo©Kenta Hasegawa

photo©Kenta Hasegawa

山口陽登 / シイナリ建築設計事務所が設計した、奈良の「鳥見町の住宅」です。

 敷地は奈良県奈良市鳥見町。閑静な住宅街である。クライアントは若い4人家族で、2人の子供はまだ幼い。敷地周辺には、同じく若い家族が購入したであろう建売住宅が顔を並べている。

仕上げや構造の仕様を、1つのボリュームに満遍なく計画するのではなく、母屋と下屋に分けて計画する。母屋の仕様を松竹梅の< 松>、下屋の仕様を< 梅>とし、2つのボリュームをバランスさせて全体の予算<竹>に収める。

均一ではない斑(ムラ)のある空間が、普段の生活や住まいに対する考え方、愛着にも斑を生み出す。母屋と下屋によって生み出された、いわば「あらかじめ増築されたような状態」は、母屋を残しながら、将来の増改築、一部建て替えを許容し、永く住み継がれる家となることを意図している。

続きを読む...

建築家9人のネット上での実践の分析を通じて、建築家のウェブ発信の方法を指南する書籍『建築家のためのウェブ発信講義』

architecture, book

建築家9人のネット上での実践の分析を通じて、建築家のウェブ発信の方法を指南する書籍『建築家のためのウェブ発信講義』がamazonで予約受付中です

建築家9人のネット上での実践の分析を通じて、建築家のウェブ発信の方法を指南する書籍『建築家のためのウェブ発信講義』がamazonで予約受付中です。著者はアーキテクチャーフォトの編集長です。

ゼロから仕事をつくるためのプロモーション、社会を巻き込む建築理論の構築、施主候補との信頼関係を築くコミュニケーション。
建築家9名がウェブ上で打ち出す個性的な実践を手掛りに、読者各々の目的に合った情報発信の方法を丁寧に指南。
建築メディアに精通する著者によるSNS時代に取り残されないための建築家生存戦略

3章 ウェブを使いこなす9人の建築家たち 実践・分析編

第4講 藤村龍至さん(RFA )東京都
思考をブラッシュアップし社会と連鎖するTwitterの使い方

第5講 堀部直子さん(Horibe Associates) 大阪府
潜在的なクライアントと繋がるためのinstagramアカウント

第6講 連勇太朗さん(モクチン企画) 東京都
アイデアを拡散し、事業を具現化するプラットフォーム

第7講 伊礼智さん(伊礼智設計室) 東京都
建築作品と手料理を等価に扱い、ライフスタイルそのものを伝える

第8講 佐久間悠さん(建築再構企画)神奈川県
法規を切り口に。強みを活かし建築の新しい分野を開拓する

第9講 豊田啓介さん(noiz architects) 東京都
テクノロジーの今を伝え、隣接分野を巻き込むパイオニア

第10講 渡辺隆さん(渡辺隆建築設計事務所) 静岡県
自身のパーソナリティを伝え、ファンと接するブログ発信

第11講 相波幸治さん(相波幸治建築設計事務所 / シモガモ不動産) 京都府
建築家・不動産会社・ホームインスぺクション、三者三様の発信チャンネル

第12講 川辺直哉さん(川辺直哉建築設計事務所) 東京都
訪問者を楽しませるオリジナルなサイト開発

隈研吾の設計でほぼ完成した、スコットランド・ダンディーの、ヴィクトリア&アルバート博物館・新館をドローンで撮影した動画

architecture, movie, remarkable

隈研吾の設計でほぼ完成した、スコットランド・ダンディーの、ヴィクトリア&アルバート博物館・新館をドローンで撮影した動画です。こちらのサイトでは外観の写真も何枚か見ることができます。
アーキテクチャーフォトでは、建設段階の現場写真や動画も紹介しており、それらはこちらから閲覧可能です。

任天堂が公開した、ゲーム機・ニンテンドースイッチと組み合わせて遊ぶ段ボール工作キット「Nintendo Labo」のPR動画

culture, movie

任天堂が公開した、ゲーム機・ニンテンドースイッチと組み合わせて遊ぶ段ボール工作キット「Nintendo Labo」のPR動画が公開されています。公式サイトはこちら。様々なニュースサイトで、その特徴や面白さが分析されています。

長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・恵比寿の、既存カプセルホテルを改修した「ドシー恵比寿」

architecture, feature

all photos©ナカサアンドパートナーズ

長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・恵比寿の、既存カプセルホテルを改修した「ドシー恵比寿」です。
店舗の公式サイトはこちら

この「℃(ドシー)」というカプセルホテルの改修計画は株式会社ナインアワーズの新規事業で、「9h(ナインアワーズ)」がカプセルそのものを一から設計し直すことで従来のカプセルホテルのイメージを払拭させたのに対し、「℃」では、既存カプセルを維持しつつその周辺、つまり内装などを変えることで既存のカプセルホテルに対する古い印象を払拭させたいと考えた。ただ、既存のカプセルのこのベージュ色が、レトロな時代を感じさせるなかなかな曲者で、あえてインテリアの色をその色に寄せていくことでそのベージュ、つまり、既存カプセルの印象を払拭させたいと考えた。

続きを読む...

ペゾ・フォン・エルリッヒスハウゼンによる、チリの、平面と断面に強い幾何学構成が用いられていて、立ち上がった建築が抽象彫刻のように見える住宅「Rode House」の写真と図面

architecture, remarkable

ペゾ・フォン・エルリッヒスハウゼンによる、チリの、平面と断面に強い幾何学構成が用いられていて、立ち上がった建築が抽象彫刻のように見える住宅「Rode House」の写真と図面が、archidailyに掲載されています

ペゾ・フォン・エルリッヒスハウゼンが設計した、チリの、平面と断面に強い幾何学構成が用いられていて、立ち上がった建築が抽象彫刻のように見える住宅「Rode House」の写真と図面が25枚、archidailyに掲載されています。

藤本壮介のチームが、フランス・ニースでの再開発コンペに勝利。曲線形状のスラブに穴が開けられた意匠が印象的なタワーなど。

architecture, competition

藤本壮介のチームが、フランス・ニースでの再開発コンペに勝利していて、曲線形状のスラブに穴が開けられた意匠が印象的なタワーなどの画像がdesignboomに掲載されています

藤本壮介のチームが、フランス・ニースでの再開発コンペに勝利していて、曲線形状のスラブに穴が開けられた意匠が印象的なタワーなどの画像が12枚、designboomに掲載されています。ちなみに藤本事務所は、アーキテクチャーフォトジョブボードで、設計スタッフ・プレススタッフを募集中

成瀬友梨・西田司・伊藤暁・能作文徳・槇文彦が登壇し、塚本由晴・山名善之がモデレートする、ヴェネチア・ビエンナーレ帰国展のシンポが開催 [2018/2/16]

architecture, exhibition

成瀬友梨・西田司・伊藤暁・能作文徳・槇文彦が登壇し、塚本由晴・山名善之がモデレートする、ヴェネチア・ビエンナーレ帰国展のシンポが開催されます

成瀬友梨・西田司・伊藤暁・能作文徳・槇文彦が登壇し、塚本由晴・山名善之がモデレートする、ヴェネチア・ビエンナーレ帰国展のシンポが開催されます。開催日は2018年2月16日で、場所は東京都港区の「建築会館ホール」。リンク先で申し込み受付中です(2018年1月28日まで)。

本展で主題とした「建築の今日的状況」を歴史的・社会的に俯瞰して捉えなおし、読み解くためのシンポジウム。さらに、「新しい関係のかたち」が今後どこにつながっていくのか、そこに建築および建築家がどう貢献していけるのか、期待される役割と展開を展望します。

プロダクトデザイナーや建築写真家ら7組による展覧会『「辺境」展』が、文京区のDesign Koishikawaで開催 [2018/1/20-28]

art, design, exhibition

photo©太田拓実

プロダクトデザイナーや建築写真家ら7組による展覧会『「辺境」展』が、東京都・文京区のDesign Koishikawaで開催されます。出展者の一人・太田拓実は弊サイトでも紹介している建築作品の写真を多数手がけていることでも知られています。アーキテクチャーフォトに掲載された太田の写真はこちらで一覧できます

「辺境」展

物と空間、家具と彫刻、アートとデザイン、かたちと気配。
境の辺り、辺境の景色。

出展者

真喜志 奈美 Nami Makishi /Luft
西本 良太  Ryota Nishimoto
太田 拓実  Takumi Ota /Takumi Ota Photography
大原 温   Atsushi Ohara /SAT.PRODUCTS
桶田 千夏子 Chikako Okeda /Luft
篠崎 隆   Takashi Shinozaki/アスタリスクスタジオ
竹島 智子  Satoko Takeshima /Luft

以下は、展覧会の概要です。

続きを読む...

PERSIMMON HILLS architects / 柿木佑介+廣岡周平による、既存木造二階住宅を、家族構成の変化に合わせ、上階部分を屋根裏と読み替え採光を可能にし、快適な平屋に改修した「羽曳野の光井戸」

architecture, feature

all photos©長谷川健太


下階に光が差し込む様子がわかる動画

PERSIMMON HILLS architects / 柿木佑介+廣岡周平による、大阪の、既存木造二階住宅を、家族構成の変化に合わせ、上階部分を屋根裏と読み替え採光を可能にし、快適な平屋に改修した「羽曳野の光井戸」です。

大阪でよく見かける築50年の建売住宅の改修です。住人は設計者の母です。これから老後を迎える母にとって平屋として生活できるように設計しました
このような建売住宅は大阪にある長屋を参考に戸建化しています。大阪の長屋は奈良や京都の町家のように坪庭などを設けず、暗いことが特徴で、建売住宅もその部分は改善されず、間口が狭く、奥に暗い構成となっています。しかもおおよその住宅では階段が急勾配で高齢で2Fを行き来するのは無理があります。 
そういった問題を解決しながら母の老後を明るくするような改修を考えました。

続きを読む...

山村尚子+鈴木宏亮/す ず き による、静岡の店舗併用住宅「gré・正方形の家」

architecture, feature

all photos©長谷川健太

山村尚子+鈴木宏亮/す ず き が設計した、静岡の店舗併用住宅「gré・正方形の家」です。

 静岡市の市街地から少し離れた日本平の裾野。昔ながらの大きな農家と茶畑、そして新興住宅が混在し、小さな店舗がのんびりとした周辺環境を上手く借りるようにして点在している。街路はあぜ道の跡のように微妙に曲がり、日本平へとゆっくりと登っていく。ふと気が付くと、視界が抜けた先に富士山を望めるような場所にも繋がる。
 そんな地域の特性と上手く共存していくために、私たちはまず、周辺との距離感を図る壁面から考えた。壁を使い、住い手と周辺住民とがプライバシーをコントロールすることができる。そして、風景と奥行きを得ることが出来る位置・方向を開放することにした。一階は、自然な素材を好み、長く使い続け愛着のわくような衣類や雑貨を扱う建て主が営む店舗。二階は、風や光を存分に感じることが出来る、建て主の母親の住まいになっている。明確に住み分けはしつつも、お互いの気配を感じながら、安心感をもたらす建物をイメージした。二世帯住宅とはまた少し違う、働き、住い、見守る形を、シンプルでコンパクトな正方形の中に落とし込んだ。
( 山村尚子+鈴木宏亮/す ず き )

続きを読む...

OMAがコンペで勝利した、ルクセンブルクの、世界最大の鉄鋼メーカー アルセロール・ミッタルの新社屋の画像・模型写真・ドローイングなど

architecture, competition

OMAがコンペで勝利した、ルクセンブルクの、世界最大の鉄鋼メーカー アルセロール・ミッタルの新社屋の画像・模型写真・ドローイングなどが、公式サイトに掲載されています

OMAがコンペで勝利した、ルクセンブルクの、世界最大の鉄鋼メーカー アルセロール・ミッタルの新社屋の画像・模型写真・ドローイングなどが22枚、公式サイトに掲載されています。
巨大なボックスがコアによって支えられるという彫刻的なフォルムが特徴的な建築となっています。

プラダが、メンズコレクション2018AWで、H&deMやコールハースらにナイロンウェアのデザインを依頼

architecture, fashion, remarkable

プラダが、メンズコレクション2018AWで、H&deMやコールハースらにナイロンウェアのデザインを依頼したそうで、その写真がdesignboomに掲載されています

プラダが、メンズコレクション2018AWで、ヘルツォーク&ド・ムーロンレム・コールハースらにナイロンウェアのデザインを依頼したそうで、その写真が5枚、designboomに掲載されています。

【ap job更新】 森建築設計が、建築意匠設計スタッフを募集中

architecture, job

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

森建築設計の、建築意匠設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

建築意匠設計スタッフを募集しています。

勤務地は東急みなとみらい線「馬車道駅」徒歩1分、JR桜木町駅から徒歩5分という好立地!!
YCCヨコハマ創造都市センター2階にあるシェアオフィスで働いてもらいます。シェアオフィスの他の会社スタッフとも親睦を深めながら働けるので楽しいですよ!!

森建築設計は住宅、賃貸住宅、シェアハウス、店舗、事務所などを設計しています。東京・神奈川だけでなく、小笠原諸島父島の建築(ペンション、住宅、シェアハウス)も手掛けています。

誠実で責任感があり、CADを問題なく使用できる方。
特に自然エネルギーを有効活用する省エネ建築に興味のある方からのご連絡をお待ちしています。

最も注目を集めたトピックス [期間:2018/1/8-1/14]

architecture, feature

アーキテクチャーフォト・ネットで、先週(期間:2018/1/8-1/14)注目を集めたトピックスをまとめてご紹介します。リアルタイムでの一週間の集計は、トップページ右下の「Weekly Top Topics」よりご覧いただけます。

**********

1、青木淳による東京藝大での「料理をつくる課題」がtwitter上で話題に

2、久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architecture+OPHによる、タイ・バンコクの北東部の地方都市に建つ屋外マーケット「Dadad market」

3、澤田航+橋村雄一 / Sawada Hashimuraによる、東京・渋谷の「奥渋のバー」

4、SANAAらによる山形の文化会館「荘銀タクト鶴岡」の写真と詳細なレポート

5、荒木信雄 / アーキタイプによる、東京・南青山の店舗「AURALEE」

6、隈研吾のチームが、デンマークの「デンマーク・ウォーターカルチャーセンター」設計コンペに勝利、計画案の画像も公開

7、近藤陽子+近藤直人 / nLDK一級建築士事務所による、愛知・名古屋の「高架下のオフィス」

8、藤田雄介 / Camp Design inc.による、岐阜の「恵那の軒並」

9、隈研吾による、中国・上海の、レンガをワイヤーで吊りその密度が場所によって変化するファサードが特徴的な、造船所を改修した複合施設「Shipyard 1862」の写真

10、今津康夫 / ninkipen!による、東京のセレクトショップ「guji TOKYO」

11、藤原徹平らが審査して、山口・宇部でストリートファニチャーの実施コンペが開催

12、石上純也の個展「JUNYA ISHIGAMI, FREEING ARCHITECTURE」が、パリのカルティエ財団で2018年春開催

13、小谷研一建築設計事務所による、東京の集合住宅の1室のリノベーション「虎ノ門の住宅(改装)」の内覧会が開催 [2018/1/13]

14、ズントー事務所に勤務する杉山幸一郎によるエッセイの最新回「家具製作所」

15、藤本壮介が、自身の日本とフランスでのコンペ参加経験から、その環境の影響について考察した連続ツイート

16、YKK APと『ディテール』誌による、断熱設計・施工手法が無料で学べるサイト「断熱・気密ナビ」がオープン

17、二俣公一 / ケース・リアルによる、千葉の「東大和田の家」

18、「安藤忠雄さん建設・寄付の図書館 寄付募集開始」(朝日新聞DEGITAL)

19、佐々木慧+佐々木翔 / INTERMEDIAによる、長崎県長崎市の「あたご保育園」

20、403architecture [dajiba]による、静岡・磐田の「東貝塚の納屋」の内覧会が開催 [2018/1/28]

**********

過去の「最も注目を集めたトピックス」はこちらでどうぞ

阿曽芙実建築設計事務所による、兵庫・神戸の住宅+アトリエ「Hat house」

architecture, feature

all photos©小川重雄

阿曽芙実建築設計事務所が設計した、兵庫・神戸の住宅+アトリエ「Hat house」です。

構造は空間をふんわりと包み込む外壁と屋根を基本的な構造として建物を覆った。大断面になりがちな大屋根の梁を30×60mmの小径部材で構成したトラス構造とすることで、内部の暮らしのスケールに似合った軽やかさを実現できた。
仕上げ材として、光を優しく透過する半透明のポリカーボネイト波板を使用した壁や、空間に奥行きをもたせるためにぼんやりと空間を写し込む遮熱シートを貼って仕上げた壁、子どもの名前にちなんだりんごのツキ板を使用した壁などがある。また、仕上げ材を必要としない壁は間柱やブレースを露出させ、見せることを基本とした。床には、六甲山のヒノキや神戸で輸入されている合板を多く採用し、できるだけ身近で顔の見える材料を用いて暮らしの中にたくさんの人の関わりをもつ住まいを目指した。

続きを読む...

«前のページ

過去のTopics


Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Weekly Top Topics

  1. OMAがコンペで勝利した、ルクセンブルクの、世界最大の鉄鋼メーカー アルセロール・ミッタルの新社屋の画像・模型写真・ドローイングなど
  2. 阿曽芙実建築設計事務所による、兵庫・神戸の住宅+アトリエ「Hat house」
  3. PERSIMMON HILLS architects / 柿木佑介+廣岡周平による、既存木造二階住宅を、家族構成の変化に合わせ、上階部分を屋根裏と読み替え採光を可能にし、快適な平屋に改修した「羽曳野の光井戸」
  4. 山村尚子+鈴木宏亮/す ず き による、静岡の店舗併用住宅「gré・正方形の家」
  5. 隈研吾による、中国・上海の、レンガをワイヤーで吊りその密度が場所によって変化するファサードが特徴的な、造船所を改修した複合施設「Shipyard 1862」の写真
  6. 隈研吾のチームが、デンマークの「デンマーク・ウォーターカルチャーセンター」設計コンペに勝利、計画案の画像も公開
  7. 藤本壮介のチームが、フランス・ニースでの再開発コンペに勝利。曲線形状のスラブに穴が開けられた意匠が印象的なタワーなど。
  8. プロダクトデザイナーや建築写真家ら7組による展覧会『「辺境」展』が、文京区のDesign Koishikawaで開催
  9. 長坂常 / スキーマ建築計画による、東京・恵比寿の、既存カプセルホテルを改修した「ドシー恵比寿」
  10. 山口陽登 / シイナリ建築設計事務所による、奈良の「鳥見町の住宅」
  11. 隈研吾の設計でほぼ完成した、スコットランド・ダンディーの、ヴィクトリア&アルバート博物館・新館をドローンで撮影した動画
  12. 青木淳による東京藝大での「料理をつくる課題」がtwitter上で話題に
  13. ペゾ・フォン・エルリッヒスハウゼンによる、チリの、平面と断面に強い幾何学構成が用いられていて、立ち上がった建築が抽象彫刻のように見える住宅「Rode House」の写真と図面
  14. ズントー事務所に勤務する杉山幸一郎によるエッセイの最新回「家具製作所」
  15. 近藤陽子+近藤直人 / nLDK一級建築士事務所による、愛知・名古屋の「高架下のオフィス」
  16. SANAAらによる山形の文化会館「荘銀タクト鶴岡」の写真と詳細なレポート
  17. 403architecture [dajiba]による、静岡・磐田の「東貝塚の納屋」の内覧会が開催
  18. 成瀬友梨・西田司・伊藤暁・能作文徳・槇文彦が登壇し、塚本由晴・山名善之がモデレートする、ヴェネチア・ビエンナーレ帰国展のシンポが開催
  19. 「安藤忠雄さん建設・寄付の図書館 寄付募集開始」(朝日新聞DEGITAL)
  20. 澤田航+橋村雄一 / Sawada Hashimuraによる、東京・渋谷の「奥渋のバー」

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact