Photo at random

Topics

【ap job 更新】 FEDL(フェデル)が、建築設計・インテリアデザインの正社員(実務経験者・新卒)とアルバイト等を募集中

architecture, job

jobboard_468

fedl_01

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

FEDL(フェデル)の、建築設計・インテリアデザインの正社員(実務経験者・新卒)とアルバイト等募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

現在FEDL(フェデル)では、住宅、集合住宅、店舗、インテリアなどのプロジェクトが進行している為建築設計・インテリアデザイン担当者を募集しています。幅広い設計・デザインプロジェクトを経験して自分の力を試したい方御応募お待ちしています。

私達の事務所では、そのプロジェクトの「周辺環境」「設計要件」「クライアント」ならではのオリジナリティや物語を纏い、そこにあることが必然であるように思える、おおらかな建築空間をつくりたいと思っています。

企画から竣工までの間に施主も含めたチームで様々な検討を繰り返していくので、年齢や経験に関係なくフラットに意見が言い合える環境を大切にしています。


水野芳康 / 水野建築事務所による、静岡・藤枝の住宅「寺田邸」

architecture, feature

teradatei-00
all photos(C)濱善治/スタジオメロス

水野芳康 / 水野建築事務所が設計した、静岡・藤枝の住宅「寺田邸」です。

正方形平面の対角線上に屋根の稜線を設けた。それは立ち上げた直方体の上部4点の高さをパラメトリックに調整できる形状とすることで、内部空間の快適性とバリエーションを探るのと同時に各面ごとの周辺環境に合わせた外壁の大きさを定義することができるからだ。母屋や周辺に対して圧迫感を感じさせないボリュームとしながら、一方で居心地の良い開放性と安心感を同時に持った内部空間をつくりだす。つまり周辺環境からの建築を小さくする方向への作用と、内部空間をより大きくしようとする反作用、両者の丁度良い状態を導き出すことで、空間密度の高い建築になるのではないかと考えた。

続きを読む...

手塚建築研究所出身の、まる・ち設計/知念里奈による東京・世田谷の住宅「灯台の家」のオープンハウスが開催 [2017/2/25]

architecture, exhibition

chinensama01

手塚建築研究所出身の、まる・ち設計/知念里奈による東京・世田谷の住宅「灯台の家」のオープンハウスが開催されます(PDF)

手塚建築研究所出身の、まる・ち設計/知念里奈による東京・世田谷の住宅「灯台の家」のオープンハウスが開催されます。開催日は、2017年2月25日。詳細はリンク先でご確認ください。

「灯台の家」オープンハウスの御案内
この度、世田谷区上北沢に住宅が完成致しました。
四方に回る高窓とスキップフロアを活用し開放的で光に溢れる住空間になっています。トイレ、シャワー、ミニキッチンを完備した独立型の多目的室のある家は多様化する現代社会の都市型戸建のプロトタイプとして需要があるのではと思い、考案しました。日常生活空間にアートがある。そんなコンセプトも意識して設計をしたのでオープンハウスでは町田かおるさんの作品「旅行記※」を展示いたします。アートと設計空間を同時にご堪能ください。是非皆様にご覧頂きたく、ご案内申し上げます。
※昨年12月、ロシア・欧州旅行を題材に青山のHBギャラリーにて開催された展覧会です。

続きを読む...

ファッションブランドのアンリアレイジが手掛ける、ラーメン店「一風堂」の新ユニフォームの写真

culture, fashion

ファッションブランドのアンリアレイジが手掛ける、ラーメン店「一風堂」の新ユニフォームの写真がfashion-pressに掲載されています

ファッションブランドのアンリアレイジが手掛ける、ラーメン店「一風堂」の新ユニフォームの写真がfashion-pressに掲載されています。2014年12月には、ニューヨークの一風堂のユニフォームを、同じくファッションブランドのエンジニアド ガーメンツが手掛けたことでニュースになっていました。

フランク・ゲーリーが建築とデザインについて語るオンライン講座が2017年春公開

architecture

フランク・ゲーリーが建築とデザインについて語るオンライン講座が2017年春公開されるそうです

フランク・ゲーリーが建築とデザインについて語るオンライン講座が2017年春に公開されるそうです。費用は90ドル。リンク先にプレビュー動画などが掲載されています。

アフリカ出身の建築家フランシス・ケレが手掛ける、今年のサーペンタイン・パヴィリオンの画像

architecture, remarkable

アフリカ出身の建築家フランシス・ケレが手掛ける、今年のサーペンタイン・パヴィリオンの画像がdesignboomに掲載されています

アフリカのブルキナファソ出身の建築家フランシス・ケレが手掛ける、今年のサーペンタイン・パヴィリオンの画像が2枚、designboomに掲載されています。ケレは、過去にヴィトラでのアフリカデザインの展覧会の会場構成を手掛けたりしています。アガ・カーン建築賞を受賞した事もあるようです。
彼がTEDに彼が出演した際の動画(日本語字幕付)は以下で閲覧できます。

田根剛と堀部安嗣のトークイベント「Let it go !!」が、ギャラリー間での展示に合わせて開催 [2017/3/17]

architecture, exhibition

田根剛と堀部安嗣のトークイベント「Let it go !!」が、ギャラリー間での展示に合わせて開催されます

田根剛と堀部安嗣のトークイベント「Let it go !!」が、ギャラリー間での展示に合わせて開催されます。開催日は、2017年3月17日。要事前申し込みです。

本野精吾が設計した京都・山科の住宅「栗原邸」が売りに出ています

architecture, culture

本野精吾が設計した京都・山科の住宅「栗原邸」が売りに出ています

本野精吾が設計した京都・山科の住宅「栗原邸」が売りに出ています。価格は約2億円。
以下に、2015年に行われた一般見学会の際の解説文を引用します。

 この建物は、染色家で京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)校長、鶴巻鶴一の邸宅として1929年に建設されたものです。設計者は同校教授であった建築家・本野精吾(1882-1944)。当時最先端の工法「中村式鉄筋コンクリート建築」による特殊なコンクリートブロックで建てられた、合理性を追及したモダニズム建築です。しかしウィーン分離派やアール・デコの影響を受けたと思われる装飾的で表現的なデザインも見られ、時代の転換期に生み出されたものであることを感じさせます。2007年にはモダニズム建築の保存に関する国際組織DOCOMOMO Japanより優れた日本のモダニズム建築の1つとして選定され、2014年には国の登録有形文化財に登録されるなど、近年その文化財的評価が高まっています。(via facebook)

妹島和世の設計で建設が進められている、山形の「鶴岡市文化会館」の外観写真

architecture

妹島和世の設計で建設が進められている、山形の「鶴岡市文化会館」の外観写真が、毎日新聞のサイトに掲載されています

妹島和世の設計で建設が進められている、山形の「鶴岡市文化会館」の外観写真が1枚、毎日新聞のウェブサイトに掲載されています。実施設計時のCG画像や図面は、こちらのPDFで閲覧可能です。

【ap job 更新】 栗田祥弘建築都市研究所/ nextstationsが、建築設計スタッフを募集中

architecture, job

jobboard_468

photo01_nakamra_station

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

栗田祥弘建築都市研究所/ nextstationsの、建築設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

現在、常勤スタッフを2名程度募集しています
建築設計を中心に(まちづくりやリサーチも行いながら)、駅・商業施設・医療施設・国際会計士学校・アートインスタレーションや福島県などの復興まちづくりサポートなどを設計・提案してきました。現在、美術館(港区)・社会福祉施設(日野市)・旅館再生(伊豆)・集合住宅(渋谷区)・住宅(浜松市)・飲食店(港区およびいわき市)など大小様々な建築プロジェクトが進んでおります。これからの建築は美しいだけを目標とするのではなく「人やコミュニティとがつながる場や空間」を考える必要が多くなります。誠実で熱意のある方を募集しています。

[応募資格]
建築系の大学または大学院を卒業した方、卒業予定またはそれに準ずる方(新卒・既卒は特に問いません)。
[募集業種及び採用人数]
スタッフ:新卒・既卒、計2名

【ap job 更新】 sinato(シナト一級建築士事務所)が、設計監理スタッフ・オープンデスクを募集中

architecture, job

jobboard_468

sinatosama1702-01
NEWoMan(商業施設 / 東京)

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

sinato(シナト一級建築士事務所)の、設計監理スタッフ・オープンデスク募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

【 sinato? 】

・2016年春に開業したJR新宿駅新南エリア(駅コンコース・駅前広場・NEWoMan / 合計約25,000m2の全体環境)を設計した事務所です
・JR新宿駅に続き、現在も某ターミナル駅(約19,000m2 / H33年度竣工予定)を計画中です
・その他、住宅・オフィス・複合施設・店舗・工場等、様々な建築・インテリアの計画が進行中です(総延床約15,000m2)
・ランドスケープは専門ではありませんが、公民連携の街路整備計画(約13,000m2)も進行中です
・年間竣工件数は20~30件、常に現場が動いているダイナミックな事務所です
・海外のプロジェクトも多く、現時点で8件が進行中です
・JR東日本のような巨大組織から個人の新婚ご夫婦まで、様々なクライアントと代理店等を介さずに直接契約し、各々に適した形で深く対話しながら設計を進めています
・オフィスが広く、ものづくりに最適な環境です(9席で約140m2 / 駐車場3台有り)
・社外の優秀な建築家とのプロジェクトベースの協働体制を強化していく予定です(現時点で5組の設計事務所と協働中)
・基本的に事務所の利益は賞与としてスタッフに還元する為、売上が上がるほど各スタッフの収入も上がります(参考:前期売上高 約1億円)

島田陽による、大阪市此花区のホステル「THE BLEND INN」の内覧会が開催 [2017/2/26]

architecture, exhibition, remarkable

shimadasama-event
画像提供:タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所

タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所が設計した、大阪市此花区のホステル「THE BLEND INN」の内覧会が開催されます。開催日は、2017年2月26日です。

この度、かねてより設計監理を進めてまいりましたホステル「THE BLEND INN」が竣工いたします。

お施主様のご厚意により内覧会を開催させて頂く運びとなりました 。
宿泊施設ですので、泊まっていただければ見学は可能ですが、見学のみの訪問はご迷惑となりますので、この機会によろしくお願いします。

遠方の方は3/24以降は以下サイトでご予約いただき、是非宿泊 してご利用下さい。
http://www.theblend.jp/
3月3日にプレオープン、当面は金土日の宿泊のみ営業いたします 。3月24日以降は通常営業となります。
隣にはdot architectsによる小さな文化施設がセルフビルドにて建設中です。

差し迫ったご案内にて大変恐縮ですが、是非ご高覧賜りたくご案内申し上げます。

詳細は下記でご確認ください。 

続きを読む...

建築関連法規に特化した活動をする佐久間悠のトークセミナー「フクザツケイケンチク復活術」が開催 [2017/3/24]

architecture, exhibition

建築関連法規に特化した活動をする佐久間悠のトークセミナー「フクザツケイケンチク復活術」が開催されます

建築関連法規に特化した活動をする建築再構企画・佐久間悠のトークセミナー「フクザツケイケンチク復活術」が開催されます。場所は、エイトブランディングデザインの東京・青山のエイトビルです。開催日は、2017年3月24日。要事前申し込み。

問題物件の駆け込み寺 ⁉︎ 有効活用の道筋を見つけ出す。

衣食住というように、私たちの生活の一部である建築物が違法かどうかを普段考える人は少ないかもしれません。
ところが昨今、構造計算書偽造問題などのニュースがきっかけとなり、建物に関するコンプライアンスの意識が高まってきています。
「建物の再生」と聞くと、リノベーションなどを思い浮かべますが、建築再構企画の佐久間氏が取り組むのは、「建物の適法性の確保」。
保有・入居する建物が、適法なのか、違法なのか。
佐久間氏は、建物の価値や事業のスタートに大きな影響を与える問題から、建物を長く、有効に活用する道筋を見つける支援をされています。
「不動産」と言われるように、建築物は動かないものと考えられてきた中で、モノ(建築物)、コト(事業)の両方において様々な建築物を動かす佐久間氏の活動に迫ります!

前嶋章太郎 / MAESHIMA ARCHITECTSによる、山梨の「野菜畑の倉庫」

architecture, feature

00ND7_9665

01DSC_6862d

02DSC_6944d
写真提供:MAESHIMA ARCHITECTS

前嶋章太郎 / MAESHIMA ARCHITECTSが設計した、山梨の「野菜畑の倉庫」です。前嶋は小川晋一都市建築設計事務所出身の建築家で、昨年の「35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2016)」においてToyo Ito Prize(伊東賞)を受賞しているとの事。

山梨県の山あいにある野菜畑の小さな倉庫の計画です。

この倉庫は、農機具の納屋としての機能に加え、みんなが自由に使える大きな庇の空間を持っています。

小さく長い納屋は農作業の倉庫として、大きな庇は、作業中の休息場、野菜の下ごしらえ場、さらには家族3世代が集まりご飯を食べる憩いの場として、使いたいように使える「生活の許容力」を備えています。
農作業のための倉庫と、人の拠り所となる場をつくります。

この辺りの農家では、母屋、古い裏家、いくつかの倉庫、駐車場、畑と、都市生活とは異なる周辺環境との関わり合いの中で日々の生活を送っています。
そんな生活のリズムとスケール感を大事に、道具の住処「倉庫」から始まり、日常生活に寄り添い、豊かに生活を回して行く存在として「野菜畑の倉庫」を作りました。

続きを読む...

著名建築家のインタビューも多数収録した、『GA JAPAN 145(特集:建築にまつわる本の話)』のプレビュー

architecture, book, feature

201702_GAJ
画像提供:A.D.A. EDITA Tokyo

著名建築家のインタビューも多数収録した、『GA JAPAN 145(特集:建築にまつわる本の話)』をプレビューします。詳細な内容の紹介は記事末尾でご覧ください。

「旅」特集(GA JAPAN 139)から早一年。今年は「本」特集、題して「建築にまつわる本のはなし」。建築と書物の、近くて遠い、古くて新しい関係を、第一線で活躍する建築家の方々にお話いただきました。自分にとって大切な本の紹介から、イメージを喚起する本や歴史書の名著、物質としての本などなど、テーマも様々です。また、建築家の本棚紹介や、本のある名建築のグラビア、建築書店、古本、ウェブ、中国海賊版事情まで_…_…盛りだくさんの内容です。
本というフレームが建築にどのような可能性を開くのかという話もあれば、ブックガイドとしても読んでいただける特集になっています。
建築家50人に必読書を挙げていただいた「本とわたし」では、フォスターやホール、槇文彦さんといった重鎮から、国内外の若手やエンジニアまで、錚々たる顔ぶれにご登場いただきました。
春にリフレッシュしたスタートを切るには良い刺激になること間違いない、「読書のススメ」特集を是非ご高覧ください。

続きを読む...

永山祐子建築設計による、東京・港区のガラス張りの大きな吹抜け空間をもつ「西麻布の住宅」の写真

architecture, remarkable

SONY DSC
photo(C)japan-architects

 
永山祐子建築設計による、東京・港区のガラス張りの大きな吹抜け空間をもつ「西麻布の住宅」の写真が、japan-architects.comに掲載されています

永山祐子建築設計が設計を手掛けた、東京・港区のガラス張りの大きな吹抜け空間をもつ「西麻布の住宅」の写真が20枚、japan-architects.comに掲載されています。

丹青社+POINTによる、静岡・御殿場の、公民館のキッズスペースを改修するプロジェクト「高根中郷館キッズスペース」

architecture, feature

00Takane_06
photo(C)長谷川健太

丹青社POINTによる、静岡・御殿場の、公民館のキッズスペースを改修するプロジェクト「高根中郷館キッズスペース」です。

地域の子どもが日常的に集う公民館のキッズスペース改修計画。
山並みのような3つのかまくらドームは、形や機能がそれぞれ異なり、目的や気分によって好きな居場所を選択できる。
ドームの中は秘密基地のような特別な場所となり、ドームの外には路地や広場のような空間が広がる。子ども達の遊び方によって、日々そこかしこに新しい遊び場が発見されていく。
また、御殿場にちなんだ展示が空間に点在し、遊びの中で郷土の歴史や文化に触れるきっかけもつくっている。

続きを読む...

TAKT PROJECTによる、薄い紙に厚盛り印刷をすることで強度を与え、紙が構造体になるプロダクト「pecopaco」

design, feature

00pecopaco_07
photo(C)Masayuki Hayashi

TAKT PROJECTによる、薄い紙に厚盛り印刷をすることで強度を与え、紙が構造体になるプロダクト「pecopaco」です。

文字や絵柄を表現するための印刷ではなく、強度を与えるための存在として考える事は出来ないだろうか?

それだけでは自立出来ない薄い紙に、骨組みの様にUV印刷を施しました。
UV印刷特有の厚盛りが、薄く繊細な紙に強度を与え、紙が構造体として立ち上がります。

構造を印刷するこの新しいつくり方で、提灯のような構造体をつくりました。
竹ひごに和紙を貼付けるつくり方で完成する伝統的な提灯が、紙に構造を印刷する事だけで完成します。
一般的な提灯とは異なり、形状を様々な形にとどめておける事もこの構造体の特徴です。
また、印刷データとして強度をデザインする事が出来るため、その構造デザインの自由度が高く、データのつくり方次第で、さまざまな紙の構造体をつくる事を可能にします。

印刷の意味と目的の再解釈から生まれた、2次元の印刷が3次元の物を生み出すこのつくり方は、2Dプリンターの新たな可能性を提示しています。

※pecopacoは、光伸プランニングによるモノにプリントする実験的なプロジェクト「モノプリ」の成果物です

続きを読む...

«前のページ

過去のTopics


Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Weekly Top Topics

  1. 土浦亀城による、東京・品川の「土浦邸」が売りに出ています
  2. 永山祐子建築設計による、東京・港区のガラス張りの大きな吹抜け空間をもつ「西麻布の住宅」の写真
  3. 前嶋章太郎 / MAESHIMA ARCHITECTSによる、山梨の「野菜畑の倉庫」
  4. 妹島和世の設計で建設が進められている、山形の「鶴岡市文化会館」の外観写真
  5. 島田陽による、大阪市此花区のホステル「THE BLEND INN」の内覧会が開催 [2017/2/26]
  6. 丹青社+POINTによる、静岡・御殿場の、公民館のキッズスペースを改修するプロジェクト「高根中郷館キッズスペース」
  7. B1Dの宮内義孝が、増田大坪による伊勢丹新宿のポップアップストアの凄さについて分析しているツイート
  8. 手塚建築研究所出身の、まる・ち設計/知念里奈による東京・世田谷の住宅「灯台の家」のオープンハウスが開催 [2017/2/25]
  9. 内沼晋太郎・グルーヴィジョンズ・田中裕之による、青森県八戸市が運営する書店「八戸ブックセンター」
  10. 増田信吾+大坪克亘による、伊勢丹新宿での、レザーブランドのポップアップストアの写真
  11. TAKT PROJECTによる、薄い紙に厚盛り印刷をすることで強度を与え、紙が構造体になるプロダクト「pecopaco」
  12. BIGによる、ミネラルウォーターのサンペレグリノ社の新工場設計コンペの勝利案
  13. 水野芳康 / 水野建築事務所による、静岡・藤枝の住宅「寺田邸」
  14. 田中裕之による、住宅の設計に合わせて寝室壁面用に製作したオリジナル照明「Bed Side Lighting」
  15. 著名建築家のインタビューも多数収録した、『GA JAPAN 145(特集:建築にまつわる本の話)』のプレビュー
  16. 伊庭野大輔+藤井亮介+沼野井諭による、東京・港区の「都市の中の住宅」
  17. BIGの設計で建設が進められている、デンマークのレゴ社の体験施設「The LEGO House」の現場を空撮した動画
  18. 西沢立衛・藤本壮介・藤村龍至や、アーキテクチャーフォト編集長のインタビューが収録されたGA Japan 最新号(145号)『特集:建築にまつわる本のはなし』
  19. 井上洋介による、山梨の、古典を感じさせるプランニングとアルカイックな素材使いが特徴的な「河口湖畔のゲストハウス」の写真
  20. 本野精吾が設計した京都・山科の住宅「栗原邸」が売りに出ています

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact