能作淳平建築設計事務所+大野博史 / オーノJAPANによる神奈川の住宅「ハウス・イン・ニュータウン」

( )

Photo at random

能作淳平建築設計事務所+大野博史 / オーノJAPANによる神奈川の住宅「ハウス・イン・ニュータウン」

architecture, feature

newtown02-1
all photos(c)能作淳平建築設計事務所

能作淳平建築設計事務所+大野博史 / オーノJAPANが設計した神奈川の住宅「ハウス・イン・ニュータウン」です。

まず、家と街の距離を近づけるために、敷地につくられた基壇の上に建物を乗せるのではなく、基壇を建物の構造の一部にし、造成された土を約1m掘り出すことで、1階の床と道路の高さをほぼ同じにした。そこに3階建ての高さの大きな鉄骨のフレームを架け、吹き抜けたホールとした。そして道路側の擁壁にアルミサッシをのせ、屋根までひとつづきの大きな窓にした。季節の良い時はジャロジーのように開け放すことで、ホールは外と連続した場所になる。このように家の一部を街に開放することで、近所の人がお茶をしに立ち寄ったり、子供たちがお遊戯室のように遊べるような小さな集会場になることを目指した。

※以下の写真はクリックで拡大します

newtown04

newtown05

newtown06

newtown07

newtown09-1

newtown10

newtown-fukan

以下、建築家によるテキストです。

***********

ニュータウンはその名の通り新しくつくられた街である。それゆえ、そこに入居してくる住人たちの多くは新しく家庭を持ち、子育てをしている世代である。ほぼ同じ世代の人たちが同じ子育てという目的で集まっているため、共同体の意識も生まれやすい。この住宅に住む夫婦も同様に、子育てのために地域のコミュニティを期待し、この街に住むことにした。しかしその一方で、ここに建っている住宅の多くは核家族が住むことを想定しているため、家の中には家族以外のメンバーが集まれる場所があまりない。また、この街は造成地のため、敷地が基壇状になっており、その段差によって家は街から遠ざかってしまっている。そこで、この計画では、家が街とつながり、人びとが集まれる場所をつくることを目指した。まず、家と街の距離を近づけるために、敷地につくられた基壇の上に建物を乗せるのではなく、基壇を建物の構造の一部にし、造成された土を約1m掘り出すことで、1階の床と道路の高さをほぼ同じにした。そこに3階建ての高さの大きな鉄骨のフレームを架け、吹き抜けたホールとした。そして道路側の擁壁にアルミサッシをのせ、屋根までひとつづきの大きな窓にした。季節の良い時はジャロジーのように開け放すことで、ホールは外と連続した場所になる。このように家の一部を街に開放することで、近所の人がお茶をしに立ち寄ったり、子供たちがお遊戯室のように遊べるような小さな集会場になることを目指した。小さな部屋だけで構成された間取りだと、そこに住む家族だけが空間を占有し、窮屈で閉鎖的になってしまうが、空間や開口をスケールアウトさせることで、人を招き、自由に使ってよいような寛容な状態になる。そして同世代が集まるこの街では、家族たちは同じく歳を重ねていく。20、30年も経てば、この街で育った子供たちも独立し、親たちはそろそろ高齢者になる頃だ。その頃にこそ家が街と繋がり、人を招き入れるような仕組みが必要になると思う。自分ひとりではできないことは他の人の力を借り、もし相手ができないことがあれば手助けをするという相互扶助的なネットワークが大切になる。今日の家づくりおける急務は、とにかく家族を街から孤立させないことなのではないだろうか。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact