前田紀貞アトリエによる”PICNIC”

( )

Photo at random

前田紀貞アトリエによる”PICNIC”

architecture, feature

picnic001.jpg

picnic012.jpg

前田紀貞アトリエが設計した茨城県つくば市の住宅"PICNIC"です。


picnic002.jpg
picnic003.jpg
picnic004.jpg
picnic005.jpg
picnic006.jpg
picnic007.jpg
picnic008.jpg
picnic009.jpg
picnic010.jpg
picnic011.jpg
picnic012.jpg
picnic013.jpg
picnic014.jpg
picnic015.jpg
picnic016.jpg
picnic017.jpg
picnic018.jpg
picnic019.jpg
picnic020.jpg
picnic021.jpg
picnic022.jpg
picnic023.jpg
picnic024.jpg
picnic025.jpg
picnic026.jpg
picnic027.jpg
以下、建築家によるテキストです。
********
上の模型写真では、3つの屋根が平行に架かっている「縞々模様」になっています。
この建築の大きな構成としては
= 屋根(白)の有る部分 :【内部】(=部屋)
= 屋根(白)の無い部分 :【外部】(= 庭)
となります。
ということは、上の写真の“縞々模様”の左側から順繰りに、
【庭】--【部屋】--【庭】--【部屋】--【庭】--【部屋】--【庭】
という、【庭】と【部屋】が、交互に平行配列された配置になっています。
※ちなみに、左から3番目の【庭】は「水盤」です。
PICNICでは、「屋根の有る部分=部屋」/「屋根の無い部分=庭」という関係が、“部分的にちょっとだけ崩されている”ことによって、より深い「内と外の関係」が顔を出すようになります。
また、外部に向かっている壁面の殆どが「透明ガラス」になっているため、(部屋と庭の)7つの平行なレイヤーでの「生活の風景」は、互いにすべて透過し合うようになります。
・どこも【外部】のようであり
・どこも【内部】のようであり
という空気になっています。
あたかも、つくば山を望むこの敷地で、日常生活がピクニックをしているような場所。
それがPICNICです。
■建築概要
敷地面積:432.97㎡
建築面積:191.52㎡
延床面積:110.57㎡
構造  :鉄骨造


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact