成瀬・猪熊建築設計事務所による”木造建築廃材から作られた紙”

( )

Photo at random

成瀬・猪熊建築設計事務所による”木造建築廃材から作られた紙”

architecture, feature

narukuma-sama-kami001.jpg

narukuma-sama-kami002.jpg

成瀬・猪熊建築設計事務所が、日本科学未来館で行われた展覧会"地球マテリアル会議"に出展した作品"木造建築廃材から作られた紙"です。


narukuma-sama-kami003.jpg
narukuma-sama-kami004.jpg
narukuma-sama-kami005.jpg
narukuma-sama-kami006.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
木造建築廃材から作られた紙
この展覧会は、木・プラスチック・金属という使い慣れた素材をテーマに、デザイナーと科学者の交流を通して、 それぞれの"正しい"モノづくりを探求していく意欲的な試みです。
私たちの展示は、建築廃材から作った紙です。奇抜な形や空間ではありません。紙そのものが展示です。
「木廃材→再生木材」「古紙→再生紙」はリサイクルの一つの形です。しかしこれは、次の再生が困難なものを生み出したり、質が落ちたり、必ずしも利点ばかりではありません。製紙業界では近年、再生紙偽装の問題まで起こりました。ここには、壊れたものは元には戻らないという、マテリアルフローの根本的な原理が潜んでいます。
私たちの提案は、リサイクル品であるにも関わらず原料は木です。再生品でありながら、原理的には新品と全く同じ紙を作ることが出来ます。物質としては解体しながら、商品としては再生する、きわめて合理的なフローです。現在この流れは、ごく少量でしか行われておらず、建築業界と製紙業界に積極的な活動は生まれていません。そもそも建築廃材は大半がサーマルリサイクルに送られ、マテリアルとして有効な利用そのものが、減少傾向にあります。
 私たちは展示のために、実際に廃材を集め、パルプにし、紙を作ってもらいました。この展示は、「木の廃材→紙」というマテリアルフローのデザインであり、またその問題提起です。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact