隈研吾の新しい書籍『場所原論―建築はいかにして場所と接続するか』

( )

Photo at random

隈研吾の新しい書籍『場所原論―建築はいかにして場所と接続するか』

architecture, book

隈研吾の新しい書籍『場所原論―建築はいかにして場所と接続するか』がamazonで発売されています

隈研吾の新しい書籍『場所原論―建築はいかにして場所と接続するか』がamazonで発売されています。詳しい概要や中身が出版社のウェブサイトに掲載されています。

本書は、建築家 隈研吾 が「建築は場所とつながっていなくてはならない」という哲学をていねいに「書き起こし」で解説している。本書には、3・11の震災後の新しい建築哲学が盛り込まれています。

隈研吾の代表作15事例と実験事例3例を、カラー写真と図版で詳細に解説している。

「場所」と「建築」の関係を歴史から徹底的に分析して、教科書としてまとめている。

場所原論―建築はいかにして場所と接続するか
隈 研吾
487071292X


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact