シキナミカズヤ建築研究所+OUVIによる「セタガヤの家」

( )

Photo at random

シキナミカズヤ建築研究所+OUVIによる「セタガヤの家」

architecture, feature

setagaya-no-ie-002.jpg
photo(C)雨宮秀也

シキナミカズヤ建築研究所+OUVIが設計した「セタガヤの家」です。


setagaya-no-ie-001.jpg
setagaya-no-ie-003.jpg
setagaya-no-ie-004.jpg
setagaya-no-ie-005.jpg
setagaya-no-ie-006.jpg
setagaya-no-ie-007.jpg
setagaya-no-ie-008.jpg
setagaya-no-ie-009.jpg
setagaya-no-ie-010.jpg
setagaya-no-ie-011.jpg
setagaya-no-ie-012.jpg
setagaya-no-ie-013.jpg
setagaya-no-ie-014.jpg
setagaya-no-ie-015.jpg
setagaya-no-ie-016.jpg
setagaya-no-ie-017.jpg
setagaya-no-ie-018.jpg
setagaya-no-ie-SECTION.jpg
setagaya-no-ie-PLAN.jpg
setagaya-no-ie-GREEN-MAP.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
敷地の南側に小さな雑木林があった。設計当初から宅地化されることが決まっていたが、それが残っていた頃の環境を無視して設計することに違和感があった。雑木林を敷地の中に植え替えることで、かつてあった記憶をこの建物に染み込ませることができるのではと考えた。
敷地からナナメに建物をセットバックさせ、奥行きの違う庭を計画し、さらに庭につながるリビングが幅を変えながら連続し、深く低く伸ばした庇によって包容感のある場所をつくった。
各部屋は生活を一筆書きでなぞれるような一列の動線とし、南北方向は外部を意識させ奥行きをつくり、東西方向は各用途を連続させた空間としている。不整形な場所は隙間として処理し、設計における余白としてゆとりと更なる奥行きをつくりだしている。
あの雑木林は、跡形も無く伐採され住宅が建ち並んだ。庭の木が庇に絡みつき一体化したこの住宅は、かつての環境を取り戻したことで周囲に左右されずに再び時間を刻んでいくはずである。
■建築概要
設計者クレジット:シキナミカズヤ建築研究所+OUVI
<設計>
シキナミカズヤ建築研究所+OUVI
-意匠設計:シキナミカズヤ建築研究所
-構造設計:OUVI 
<外構、造園>
藤倉造園設計事務所
<施工>
成幸建設


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact