五十嵐雄祐 / 五十嵐ユースケ設計室による北海道札幌の住宅「focuscanvas」

( )

Photo at random

五十嵐雄祐 / 五十嵐ユースケ設計室による北海道札幌の住宅「focuscanvas」

architecture, feature

igarashi-yusuke-sama01.jpg
photo(C)KEN五島

五十嵐雄祐 / 五十嵐ユースケ設計室が設計した北海道札幌の住宅「focuscanvas」です。


igarashi-yusuke-sama02.jpg
igarashi-yusuke-sama03.jpg
igarashi-yusuke-sama04.jpg
igarashi-yusuke-sama05.jpg
igarashi-yusuke-sama06.jpg
igarashi-yusuke-sama07.jpg
igarashi-yusuke-sama08.jpg
igarashi-yusuke-sama09.jpg
igarashi-yusuke-sama11.jpg
igarashi-yusuke-sama12.jpg
**********
豊平区の住宅街に建つ40代の御夫婦と
3人の男の子の為の住宅。
できるだけ造り込みすぎず、
住まい手の生活スタイルの変化に対応できるよう
"絵を描くキャンバス"のように
シンプルで丈夫で飽きのこないような空間を
目指した。
南西側と北西側は道路に面し、北東側に戸建住宅、
南東側には高さ制限いっぱいの集合住宅がある。
電線や並び立つ建物に囲まれ借景することや
1階は朝方の採光が期待できない。
御夫婦は共に働かれており、子供たちも
学校や習い事などで昼間はほとんど居ない。
みんなで集まる夕方の時間を大事に過ごす為の
空間を中心に創って欲しいとのことだった。
そこで1階は天井高を2.1mと低めにおさえ
閉じた個室空間(寝室など)とした代わりに
2階には家族が揃って時間を過ごすリビング・
ダイニング・プレイルームなどを配し、
天井高3.0mとして開けたワンルーム空間とした。
ワンルーム空間では天気の良い日は
常に太陽光の恩恵に預かることができる。
また、空間を共有させ広がりを持たせている。
どこにいても子供の気配を感じることができる。
平面は4間×4間の西の角をカットした形状。
『集う』『揃う』というコンセプトから
全体の中心に"大黒柱"を配し、
そこに向かって梁を集約している。
この形状よって空間に広がりや力強さを
持たせられたのではと思う。
子供たちはこの柱を器用に登っていく。
ロフト部分も子供たちの秘密基地となる。
外壁は耳付の道南杉の下見板張りである。
耳をカットせず納めている。
コントロールできない木材本来の個性を
引き出せているのではと思う。
表面は無塗装。
赤みのある材料が年月が経つごとに
シルバーに古美ていく。
時間をかけて変化を楽しめる外装。
北東面の大きな窓が行燈となり家族の帰りを
迎えてくれる。
住宅は竣工が完成ではなく、完成へのスタート。
この住宅が住まい手と共に素敵に
歳を取ってもらえたらと思う。
■建築概要
建設地:北海道札幌市
設計期間:2011年7月~2012年4月
主な用途:専用住宅
用途地域:第一種低層住居専用地域
建築面積:56.96㎡
延床面積:107.92㎡
構造階数:木造 地上2階建
仕  上:外壁 道南杉(耳付のまま)
施  工:北海建工株式会社


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact