小川博央建築都市設計事務所による埼玉県入間市の結婚式場「Pleats. I」

( )

Photo at random

小川博央建築都市設計事務所による埼玉県入間市の結婚式場「Pleats. I」

architecture, feature

plti_001_retouched

plti_005_retouched
photo(C)阿野太一

小川博央建築都市設計事務所が設計した埼玉県入間市の結婚式場「Pleats. I」です。

plti_008

plti_014

plti_022

plti_023

plti_027

plti_030

plti_038

plti_039

plti_040

plti_043_retouched

以下、建築家によるテキストです。

**********

埼玉県入間市に建つ結婚式場の計画である。
美しい自然に囲まれているとか、高層階からの見晴らしが良いなどの条件でもない限り、多くの結婚式場は閉鎖的な私的空間となりがちである。今回、敷地が市役所前の交差点に接し、見せるべき景色があるわけではないが、市の中心に建つ結婚式場ということで街に開かれた施設にしようと考えた。
ただ、クライアントからは街へ開きつつもプライバシーは確保したいとの要望もあり、開きつつも閉じるといった、相反する要望をいかに解決するかが大きな課題となった。
上記の課題を解決するためにレースカーテンのような機能を持ったメッシュ状の膜材で建築を包み込もうと考えた。そして、その膜材を交差点のカーブに沿った敷地に合わせてプリーツ状に折り込み、その壁面を斜めに傾斜させることで空間に奥行き感を与え、見る角度によって見え方の変化する形状とした。また、建築本体とメッシュ膜によるプリーツ状壁面との間を、利用者だけでなく一般住民も通過できるアプローチ空間やテラスといった縁側的空間として、街へと開かれた施設としている。
プリーツ状の壁面は日中、光の陰影によって様々な表情の変化を見せ、夕方から夜間にかけては、メッシュ膜により室内の賑わいがシルエットとして外へと漏れ出していく。
祝祭性とは非日常的空間や行為によって演出されるが、それは決して完全に隔離された空間である必要はない。日常にフィルターを一枚かけるだけでも、それは非日常となり祝祭性を与えることができる。そして、その祝祭性を外へと開放することで、この結婚式場が祭りのように街に賑わいや活気を与え、この地域になくてはならない施設になってくれたらと思う。

■建築概要
用途 : 結婚式場
所在地 : 埼玉県入間市
構造 : 鉄骨造
階数:地上2階
敷地面積 : 1295.68㎡
建築面積 : 1046.44㎡
延床面積:1389.76㎡(1階:873.73㎡、2階:516.03㎡)
竣工年:2013年
建築設計監理:小川博央建築都市設計事務所
構造設計監理:我伊野構造設計室
設備設計監理:ZO設計室
施工会社:冬木工業
家具什器:AURA CREATE


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact